[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 何もしていないのに突然割れたガラステーブル

[2016年12月27日:公表]

何もしていないのに突然割れたガラステーブル

質問

 天板がガラスのテーブルのガラス部分が突然割れて粉々になりました。テーブルには何も載せておらず触ってもいないのにどうしてこのようなことになったのでしょうか。



回答

 ガラスの割れ方の態様から、いわゆる強化ガラスだと思われます。

 強化ガラスは種類によっては割れた際に粒子状の細片(粉々)となる特徴があります。

 強化ガラスが粉々に割れる原因としては、(1)表面の傷がガラスの引張応力層の部分にまで至ったことにより力のバランスが崩れることにより破壊、(2)ガラス内部の存在した硫化ニッケルが内部膨張により強度が耐えられなくなり、内部から破壊が起こるといったことが考えられます。



解説

 強化ガラス製品はガラステーブル以外にも窓ガラスや車のサイドガラス、またコップや鍋ぶた、お皿といった食器・台所用品などがあります。

 全国の消費生活センターには今回のガラステーブル以外にも、食器のコップや鍋ぶたなどの強化ガラス製品で突然割れるといった情報が寄せられています。

 強化ガラス製のコップや鍋ぶたなどの食器・台所用品については、「家庭用品品質表示法」で強化の種類や取り扱いの注意表示などをすることが義務付けられていますが、同法で「机及びテーブル」のカテゴリに入るガラステーブルは、材料として「ガラス」と表示しますが、強化ガラスである場合、その種類を記載することまでは定められていません。製品によっては取扱説明書に強化ガラス製である旨の記載がされていたりもしますが、不明な場合はメーカーや購入店などに聞いてみましょう。

 また日ごろからガラス製品の取り扱いには注意するようにしましょう。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ