[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > バイナリーオプション取引で出金依頼しても対応してもらえない

[2016年10月26日:公表]

バイナリーオプション取引で出金依頼しても対応してもらえない

質問

 SNS上の広告で「稼げる」とあったサイトにアクセスして海外の業者とバイナリーオプション取引を始めました。代金はプリペイド型電子マネーで支払っていました。利益が出たので出金手続きを依頼したところ、本人確認で必要と住民票や公共料金の領収書などいろんな提出書類を求めてきてなかなか対応してもらえません。最初にはそんなことは言っていませんでした。どうしたらよいでしょうか。



回答

 その海外の業者は金融庁へ登録している業者でしょうか。金融商品の勧誘など、金融商品取引業を行う場合は金融庁への登録が必要です。登録していない業者の場合、実態がつかめず、対応を求めることは困難な状況です。

 まずは今までの経緯と取引状況に関するメールの履歴を整理し、その業者とプリペイドカードの発行会社に申し出てみてはどうでしょうか。



解説

 バイナリーオプション取引とは、為替相場等が上がるか下がるかを予想するもので、取引期間終了時(権利行使期限)に事前に定めた権利行使価格を上回った(または下回った)場合に、一定額の金銭(ペイアウト)を受け取ることができる取引です。

 予想がはずれると損失が出てしまい、短期間に何回も取引できるので、損失額が大きくなるおそれがあるので注意が必要です。

 また、海外の業者であったとしても、日本の居住者のためにまたは日本の居住者を相手方に、こうした取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録が必要となります。登録をせずに金融商品取引業を行うことは禁止されており、違反者は罰則の対象となります。無登録の海外に所在する業者による勧誘でのトラブルが起きていることから金融庁では注意喚起しています。

無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください(金融庁)

 バイナリーオプション取引は、リスクが高い取引であることをよく理解したうえで、相手が登録業者であるかを確認し、無登録業者とは契約しないようにしましょう。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ