[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > ワンピースをネット宅配型クリーニングに出したら「パーティードレスになるので」と高額な料金を請求された!

[2016年1月19日:公表]

ワンピースをネット宅配型クリーニングに出したら「パーティードレスになるので」と高額な料金を請求された!

質問

 ワンピースをネット宅配型のクリーニング業者に依頼したところ、パーティードレスだと判断され、ワンピースのクリーニング代金の5倍以上の金額を請求されました。どうしたらよいでしょうか。



回答

 規約がどのようになっているか確認しましょう。

 また、どうしてそのような判断になったのか事業者にきちんと説明を求めましょう。



解説

 近年インターネットで申し込み、衣類の受け渡しは別の宅配業者が行う「ネット宅配型クリーニング」の相談が増えています。

 自分の都合がつく時間に利用可能であるといった反面、消費者とクリーニング業者が直接対面して衣類の検品などのやり取りをしないことから、トラブルになっています。今回のケースも、店舗であれば、パーティードレスだと判断され、高額な金額を言われた段階で依頼をやめるといった選択肢もありますが、ネット宅配型クリーニングでは、衣類がクリーニング業者に届いてから衣類の分類・価格などが決まります。

 このように、従来の店舗型クリーニングとは違う形態であると認識することが必要です。

 事前にウェブサイトで契約内容や事業者の連絡先を確認し、不明な点があれば問い合わせてみることも大切です。また、紛失などのクリーニング事故が起きた場合の賠償基準の内容も十分確認しましょう。

 利用に際しては、依頼する衣類のリストを作成し、シミや汚れの箇所などを詳細にメモしたり、写真を撮ったりすることなどにより、できる限り事業者と衣類の情報を共有しましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ