独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > バージョンアップ3年分付きのカーナビが2年で有料となった

ここから本文
[2015年12月24日:公表]

バージョンアップ3年分付きのカーナビが2年で有料となった

質問

 2年前、最新地図情報バージョンアップ3年分付きのカーナビを購入しました。2年しか使用していないのにバージョンアップが有料になったのですが、どういうことなのでしょうか。

回答

 この商品の場合、3年間というのは、そのカーナビの発売日から3年間という意味であり、消費者が購入した日から3年間ではありませんでした。

解説

 この事例のように、3年間と表示されていたら、メーカーが発売したときから3年間という意味で、消費者が販売店から購入した日から3年間ということではないので注意が必要です。特に業界としての取り決めがあるわけではありませんが、発売日からカウントするメーカーが多いようです。メーカーが発売後、店頭に置かれている期間が長い場合など、実際に使用できる期間が短くなっているカーナビもありますので、購入前にいつまで使用できるのか、有効期限について店頭で確認したり、カタログやホームページで確認したり、カタログやホームページで確認したりしてから購入するようにしましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。