[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > お金を出して購入したポイントにも有効期限があるの?

[2015年12月24日:公表]

お金を出して購入したポイントにも有効期限があるの?

質問

 通販サイトで利用できるポイントをインターネットで購入しました。購入完了画面にポイントの有効期限が1年間と表示されていました。お金を支払って購入しているのに有効期限があるのは納得できません。購入したポイントに有効期限が設けられているのはおかしいのではないですか。



回答

 お金を支払って購入したポイントであったとしても、事業者が自由に有効期限を設定することができます。ポイントを購入する際は、有効期限や利用条件などをよく確認し、必要なときに必要な分だけ購入するようにしましょう。



解説

 商品券、ギフト券、プリペイドカードなどのようにあらかじめお金を支払って、実際に買い物をするときに決済する仕組みを「前払式支払手段」と言います。この場合のように、お金を支払って購入する「ポイント」であっても、有効期限が6カ月を超えていれば、「資金決済に関する法律」(資金決済法)の適用を受ける場合があり、事業者は有効期限を自由に決めることができます。その有効期限の表示については、ウェブサイトなどで消費者が有効期限などを確認できるようにする必要があると「前払式支払手段に関する内閣府令」で定められています。

 たとえお金を支払って購入したポイントであっても、有効期限を過ぎるとそのポイントは使えなくなりますので、ポイントを購入する際は、有効期限や利用条件などをよく確認し、必要なときに必要な分だけ購入するようにしましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ