[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > ネットオークションで購入した携帯電話が利用制限された

[2015年4月6日:公表]

ネットオークションで購入した携帯電話が利用制限された

質問

 新品の携帯電話機をネットオークションで格安購入できました。使用中の携帯電話機に装着されているSIMカードを挿し換えて使おうとしたら、警告表示が出て発着信もネット閲覧もできなくなりました。

 携帯電話のショップで問い合わせたら、「不正取得機体である可能性が高いので、利用制限されている。解除はしない」と告げられました。どうすれば?



回答

 制限解除の判断は携帯電話会社によって異なりますが、一般的には救済が難しいことがあります。価格につられず、信用あるお店で購入しましょう。



解説

 携帯電話機の利用制限については、盗難・本人確認書類の偽造・残債が出ている割賦販売の機体など、不正取得されたものが「振り込め詐欺」等に利用されないよう、犯罪防止のために行っているとのことです。

 中古機体の販売店やネットオークション等で扱われる携帯電話には、前の所有者が携帯電話をこのような経緯で不正取得していた場合、利用制限がかけられていることがあります。

 利用制限を解除することについては、携帯電話会社の判断となりますが、一般的には救済(制限解除)が難しいようです。

 大手キャリアでは、製造番号等をもとに利用制限されている機体か、ウェブ上で確認できるので、購入前に確認してみるのも良いでしょう。確認できない場合、無理に買わない判断も重要です。現代の必需品でもあり、信用できるお店で購入するようにしましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ