[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > ブランド品をネットで買おうとしたら…

[2015年4月6日:公表]

ブランド品をネットで買おうとしたら…

質問

 メールマガジンに紹介されていたサイトで、人気ブランドバッグの最新モデルが格安販売されており、指定された口座に代金を振り込みましたが、商品が届きません。連絡先の電話はつながらず、販売サイトもいつの間にか消滅していました。だまされたのでしょうか?



回答

 支払方法が前払いやクレジットカード決済の場合、常にこのリスクがあります。販売店の信用性を確かめることを忘れずに。振り込んだお金を取り戻すことは難しく、詐欺が疑われる場合は警察への相談も考えましょう。



解説

 ネットショッピングに関して多いトラブルがこのケースです。注意すべきショップによく見られる傾向、寄せられる内容として、次のようなものが挙げられます。

  1. (1)ドメイン名やURLに、扱っている有名ブランドの名前が含まれている。
  2. (2)人気モデルや最新モデルであっても、豊富な在庫があるように表示されている。
  3. (3)価格は格安ではあるものの、不安を感じるほどの安さではない。
  4. (4)クレジット決済対応と表示しているのに、購入手続時には、銀行振込しか利用できないようになっている。
  5. (5)販売担当者名や店名・運営会社名と、代金振込先の口座名義が一致していない。
  6. (6)説明や、売り文句の日本語表記に、なんとなく不自然さがある。
  7. (7)所在地や電話番号の記載はあるが、電話に出ない、つながらない。
  8. (8)「注文品が売り切れ」だとして、型落ち品や代替品を薦められたり届いたりする。
  9. (9)連絡先のメールアドレスがフリーメールなど、安易に用意できるものである。

 などで、実際に代金を支払ったものの、お目当ての商品は購入できず、お金も戻らない展開になりがちです。いったん、お金を支払ってしまうと、取り戻すことは困難です。品ぞろえや価格だけで判断しないで、安心して買えるお店か、しっかり見極めることが肝心です。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ