[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > ブランド品のスーパーコピー販売サイトを見つけた。どこに通報したらいい?

[2015年3月6日:公表]

ブランド品のスーパーコピー販売サイトを見つけた。どこに通報したらいい?

質問

 「有名ブランドのスーパーコピーを販売」とうたっているショップから広告メールが届いた。違法だと思うので情報提供したいが、どこに連絡したらよいのか。



回答

 公然と偽ブランド品(海賊品)を販売するショップを見つけたり、広告メールを受け取った場合、関係機関への相談や情報提供にご協力を。



解説

 インターネット上のショップでは、一見して本物と見分けられないほど、有名ブランド品を精巧に模して作られた商品を「スーパーコピー」等と称し、格安で販売しているケースが見られます。

 しかし、このような偽ブランド品は言うまでもなく知的財産権を侵害する商品であり、健全な商品流通を阻害するだけでなく、購入することが、偽物を製造・販売する組織的な犯罪に加担する行為となりかねません。

 特に、前払いを求めるショップの場合、このような商品が届いたり、代金を支払ったにも関わらず商品が届かないという相談も急増しており、注意を要します。ネットでも実店舗でも、出所不確かなブランド品は、見かけても購入しないようにしましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ