[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > パソコン画面に突然現れた表示にビックリ、ついその場で購入したパソコンメンテナンス用ソフト

[2015年2月4日:公表]

パソコン画面に突然現れた表示にビックリ、ついその場で購入したパソコンメンテナンス用ソフト

質問

 インターネットでニュースサイトを閲覧していたら、突然「あなたのパソコンが故障寸前です」という、物々しいメッセージバナーが表示されました。驚いてクリックし、メンテナンス用ソフトを促されるまま購入してしまいましたが、不要に思えます。



回答

 急に不安にさせるようなメッセージが出ても慌てないで、本当に必要か、落ち着いて考えましょう。返品が現実的に困難なので、購入しようとする際も、ソフトウエアの動作や信用性について、あらかじめ調べておきましょう。



解説

 バナー広告は、ネットサーフィンではごく日常の光景であり、決して珍しいものではありません。

 しかし、動画などを駆使し、さも作動中のパソコンをスキャンするようなアクションで「故障しそうだ、ハッキングされている、ウイルスが見つかった…」など、ショッキングなメッセージを表示し、「不具合を修正する」などの機能をうたうソフトウエアを購入させるように仕向けるバナーも散見されます。

 それらの中には、さも大手ソフトウエアメーカーの公認を得たかのように自称するマークやロゴを出しているものもあり、いかにも信用できそうな装いをしているケースがあります。しかし、それらのソフトウエアが、うたい文句のような動作を確実に行うか、必ずしも確認されているものではありません。

 ソフトウエアの返品返金は、通信販売であれば原則不可能であり、仮に不具合を修正する機能がないなど、うたい文句と異なるケースでも、得てして海外にあるメーカーと外国語で返金交渉するというのは、大きな困難を伴います。

 よって、そのようなソフトウエアは慌てて購入せず、PCメーカーやOSメーカーの正規サポートを受けたり、公的機関の提供する情報を参照するなど検討し、その上で複数の類似ソフトウエアと比較検討するのが良いでしょう。

 そもそも、本当にPCが故障する時とは、得てして警告のメッセージなど出さず、いきなり故障することが多いのではないでしょうか。失われては困る電子メールや、作成データ、ウェブのブックマークなどは、日々こまめにバックアップを取り、ソフトウエアもサポート体制がしっかり整ったものを選択するようにしましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ