[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > インターネットで購入した「ダイエット商品」を試したが、まったく効果がない

[2015年1月8日:公表]

インターネットで購入した「ダイエット商品」を試したが、まったく効果がない

質問

 インターネットで「体に貼るだけでダイエット」という広告を信じ、ダイエット商品を購入した。しばらく使ってみたがまったく効果がない。誇大広告ではないか。



回答

 表示と内容が異なっていたり、認められていない効能効果をうたう商品については、それぞれ所管の行政庁に情報提供を。



解説

 痩身(そうしん)や美容効果をはじめ、商品やサービスの効果や性能にかかわる表示をする場合、事業者は、合理的な根拠を持っていなければなりません。使用者の体験談やアンケート結果を用いる場合にも、客観性が確保されていることが必要になっています。

 実際の商品やサービスとかけ離れたうたい文句や誇大な表示があると、消費者の適切な選択が妨げられてしまいます。そのため、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)では、消費者を惑わせたり、だますような表示を禁止しています。

 消費者庁では、不当景品類及び不当表示防止法違反について報告を受け付けています。

 また、健康食品等で医薬品医療機器等法に基づく承認を得ず、医薬品のような効能効果を表示・広告に用いているケースについては、厚生労働省や都道府県が監視活動を行っています。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ