[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > ポイントカードを紛失した。ポイントは失効、再発行はできないという

[2014年12月11日:公表]

ポイントカードを紛失した。ポイントは失効、再発行はできないという

質問

 5万円分のポイントをためていた家電量販店のポイントカードを紛失しました。店に問い合わせましたが「ポイントは失効、カード再発行はできない」と言われました。

 入会時に、住所・氏名・連絡先を記載しており、会員番号も分かるはずです。ポイント確認等ができると思うのですが、仕方ないのですか?



回答

 基本的には事業者によるポイントカードの規約に沿った対応となりますが、経済産業省で作成した「ガイドライン」に沿った対応を求め、事業者と交渉する余地もあります。



解説

 顧客誘引手段として、購入履歴に基づき、割引サービスなどの対価性を持ち合わせたポイントサービスを行う事業者もかなり増えてきました。

 ポイントサービスの普及を受け、経済産業省では「企業ポイントに関する消費者保護のあり方(ガイドライン)」を作成し、企業が消費者の個人情報とポイント残高等を併せて管理し、再発行等に対応可能なシステムを持っている場合、適切な対応をとることが望ましい、とする方針を出しています。

 ガイドラインでは、発行企業が自主的に消費者保護に取り組む上での留意事項も整理されており、紛失等のトラブル対応の整備・手順等について、消費者に適切な情報提供をすることも望ましいとされています。

 ガイドライン自体は強制力のあるものではありませんが、消費者にとっての損失ができるだけ少なくなるよう、ガイドラインに沿った適切な対応をとるよう、事業者と交渉することはできるでしょう。



参考



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ