[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 通信サービスのプラン変更を勧める電話が頻繁にかかってくる。迷惑なのでやめてほしい

[2017年7月27日:更新]
[2014年10月7日:公表]

通信サービスのプラン変更を勧める電話が頻繁にかかってくる。迷惑なのでやめてほしい

質問

 通信事業者の代理店から「インターネット料金が今までよりも安くなるプランがある」などと頻繁に勧誘電話がかかってきて非常に迷惑しています。どうにかできないでしょうか。



回答

 契約をしないことや、勧誘を引き続き受けることを希望しないことを示した消費者に対して、事業者が継続して勧誘を行うことは、電気通信事業法によって禁止されています。関心がない場合は、不要な旨と今後勧誘しないでほしい旨を伝えてきっぱりと断りましょう。



解説

 通信事業者の代理店から、インターネット接続サービスの切り替え等に関する勧誘電話が頻繁にかかってきて困っているなどといった苦情が全国の消費生活センターに寄せられています。また、電話勧誘だけでなく訪問による勧誘がしつこいという苦情もみられます。

 2016年5月21日に施行された改正電気通信事業法によって、新たな消費者保護ルールが導入されました。この改正法では、通信事業者やその代理店が、契約を締結しないという意思、あるいは勧誘を引き続き受けることを希望しない意思を示した消費者に対して、引き続きそれと同一の契約の勧誘を行うことを禁止しています。ここでいう、「勧誘」には、質問のケースのような電話での勧誘に加え、訪問、店舗等の場合も含まれます。必要がなければ、契約を締結しない旨を示してきっぱりと断りましょう。

 通信事業者によっては、再勧誘停止の申し出窓口を設置しているところもあります。しつこい電話勧誘や訪問による勧誘を受けた際には、代理店名や連絡先、担当者名を聞き、代理店を管理している通信会社に連絡するのも一つの手段です。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ