[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > オンラインゲームの中で知り合った人にアイテムを売ったが代金が支払われない

[2014年8月4日:公表]

オンラインゲームの中で知り合った人にアイテムを売ったが代金が支払われない

質問

 オンラインゲーム上で知り合った人に「アイテムを売ってくれないか、代金は指定された口座に振り込む」と言われたので、ゲーム内の取引所で相手にアイテムデータを送ったものの、いくら待っても代金の振り込みがない。連絡も取れなくなった。



回答

 個人間取引は、常にこのような被害に遭うリスクがあります。ゲームルールに反する行為とされていることが多く、被害にあったうえにルール違反を理由に、ゲーム参加資格が取り消されるケースもあります。



解説

 ゲーム内の通貨や、出現率の低いレアアイテムなどの譲渡や交換について、その対価を現実通貨で支払う取引については、「RMT(リアル・マネー・トレード)」と言われています。

 多くのゲーム運営会社では、運営上の理由(ゲームバランスやゲーム内秩序の維持)から、これを禁止しているケースがほとんどです。RMTを行ったとみられる利用者のアカウントを削除するなどの対策も行っているようですが、現実問題としては、いたちごっこのような状態と言われています。

 RMTによる取引そのものは、現実世界において法的に禁止されてはいませんが、そもそも見知らぬ人との個人間取引については、事例のような詐欺的被害のリスクを常に伴います。また、運営会社からも不正行為と認定されれば、参加資格(アカウント)の停止などを課せられることがあります。

 事前にルールを確認し、ゲームはゲームとして、楽しむようにしましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ