[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 「1カ月無料お試し」だと思っていたら有料会員になっていた

[2015年12月24日:更新]
[2014年6月9日:公表]

「1カ月無料お試し」だと思っていたら有料会員になっていた

質問

 インターネットで注文可能なCD・DVDレンタルサービスの無料お試しキャンペーンに申し込みました。後日、申し込み時に入力したクレジットカード番号で会費が請求されました。「無料お試し」とは何だったのでしょうか。勝手に有料会員にされて納得できません。



回答

 「無料お試し」の申し込み時にクレジットカード番号の入力を求められる場合、無料期間中に退会手続きをしないと自動的に有料会員に移行するケースがほとんどです。「無料お試し」に申し込む前に、入会条件や課金条件、キャンセル・解約方法をチェックしましょう。クレジットカードの番号や有効期限などクレジットカード情報を入力すると、後になって何らかの料金を請求される可能性がありますので、入力前に条件等を必ず確認してください。



解説

 インターネット宅配DVDレンタルやスマートフォンのアプリが「1カ月無料でお試しできる」、また化粧品やサプリメントなどが「初回無料になる」というキャンペーンに申し込みをしたところ、「自動的に有料会員に移行し会費を請求された」「定期購入を申し込んだことになっていた」などの情報提供や相談がしばしば寄せられています。

 「無料お試し」を申し込む際、あらかじめカード番号等のクレジットカードの情報を入力するよう求められるケースがあります。これらのケースでは、無料お試し期間内に退会をしない場合や、レンタルした商品が期限までに返却されない場合などに、自動的に有料会員に移行する仕組みとなっていることが考えられます。ウェブサイトにも説明が記載されていますが、料金を請求されて初めて気がつくケースが目立ちます。

 消費者は、無料お試し期間終了後に改めて会員契約を結ぶ意思確認をされて、その後で有料契約になると考えがちですが、実態としては「無料お試し」の申し込み時に会員登録され、本来であれば有料だが「お試し期間中に限って無料」という契約になっていることが多く、最終的に無料とするには無料期間中に退会手続きが必要となります。

 一方、「無料お試し」ではなく、数カ月以上の定期購入やセット購入などを条件に初回分が無料になるというケースも多く見られます。

 トラブルを防ぐには、申し込む前に商品案内や申し込み画面、利用規約などを注意深く読み、無料期間内の解約が可能かどうかを含め、無料や特別価格の条件を確認することが大切です。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ