[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 「ポイントがお得!」と強調されて作ったら、リボ払い専用カードだった

[2014年3月27日:公表]

「ポイントがお得!」と強調されて作ったら、リボ払い専用カードだった

質問

 店頭で勧誘されるまま入会し、ポイント特典が受けられるクレジットカード(以下:カード)を作った。後日、請求書を確認したら、リボルビング払い(以下:リボ払い)専用だと気づいた。知っていたら入会しなかった。



回答

 その場での即断即決は避けましょう。仕組みを理解した上で、家計に及ぼすメリット・デメリットをよく確かめることが大切です。ウェブサイトからの入会でも、内容や支払方法の確認を忘れずに。



解説

 最近、リボ払い専用カードを扱うカード会社が目立ちます。「リボルビング払い(リボ払い)」とは、カードの利用額をあらかじめ定めた計算方法で月々支払う方式です。量販店の店頭における勧誘のほか、様々なボーナスポイントやノベルティによるキャンペーンを絡めて、ウェブサイトで入会できるケースも見られます。

 カード入会申込書に「リボ払い専用」と表示をしていないケースもあり、リボ払い専用カードだと気づかずにカードを申し込み、毎月の支払設定額を超えた時に初めてリボ払い専用カードだったと気づくケースが複数見られます。

 リボ払いの特徴として、いくら買物をしても毎月の支払額が一定なので、家計に響きにくい反面、借金の意識が薄れ、支払期間が長引くと手数料がかさむ問題もあります。手数料も年利換算で10〜20%程度となっているものが多く、気づかないまま使い続けると、予期せぬ返済額に膨れ上がっていることがあります。

 リボ払い専用カードの場合、買物の際「一括払い」と告げても、自動的にリボ払いになる設定になっているものや、支払額が設定額未満であっても、手数料がかかるものもあるので、カード入会時に契約内容をよく確認することが大切です。すでに持っているカードの支払方法や返済計画についても、再度確かめておきましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ