[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 消費生活センター職員が勧めるアタリ馬券の予想サイト?

[2014年3月27日:公表]

消費生活センター職員が勧めるアタリ馬券の予想サイト?

質問

消費生活センター職員と称する人が当たり馬券の予想サイトを勧めているが、信じていいのか?



回答

絶対信じてはいけません。100%ありえません。



解説

 冗談のように思える質問ですが、実際に寄せられた事例です。

 消費生活センターの職員や相談員を名乗り、特定の商品やサービスを紹介しているサイトやブログが見つかることもあるようですが、職務として特定事業者の提供する商品・サービスを勧めることはありえません。わざわざ「消費生活センター」などと書き込むのは、公的機関の信頼性を利用しようとする悪質業者の問題行為ととらえて差し支えありません。

 一方、日記や意見を投稿するSNSサービスでは、プロフィルに勤務先が書いてあるものも存在します。

 その中には、消費生活センターに限らず公的機関に勤務する人(またはそのように名乗る人)が、さまざまな商品やサービスについて、レビューを投じているケースもありますが、これらについては、勤務先との関係が無い個人的なもの、ということが前提です。

 その上で、読み手側としても、情報の真偽についてよく考え、吟味し、惑わされないようにしましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ