[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > シェイプアップシューズで転倒した

[2013年10月18日:公表]

シェイプアップシューズで転倒した

質問

 「履いて歩くとエクササイズ効果等が期待できる」というシェイプアップシューズを通勤時に履いて歩行中、階段の段差でバランスを崩して転倒、骨折してしまいました。実は危険なのでは?



回答

 通常の靴より接地面積が小さいなど、あえて不安定な作りになっているようです。使用上の注意を必ず読み、安全に留意して使用して下さい。



解説

 履いて歩くだけでエクササイズ効果やシェイプアップ効果が期待できる、というシェイプアップシューズやトーニングシューズ等と呼ばれる靴を履いていたら、バランスを崩して転んだ、腰や脚を痛めた、といったトラブルが寄せられています。

 このようなタイプの靴は、通常の歩行において体に負荷をかけてトレーニング効果を得るためとして、靴底の接地面積が小さくなっているなど、その機能のために、独特の形状や装用感があります。

 使用に際しては、通常の靴とは異なることを理解し、足の調子が悪いといったときは使用しないなど、安全に留意して正しく使用しましょう。取扱説明書や注意事項等には必ず目を通し、保管しておきましょう。

 また、履いていて違和感を覚えたり、体の具合が悪くなったりした場合にはすぐに使用を中止し、医師に相談して下さい。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ