[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > インターネットショップで商品を購入したところ、広告メールが増えた

[2013年7月30日:公表]

インターネットショップで商品を購入したところ、広告メールが増えた

質問

 出店しているショップから商品を購入したところ、ショッピングモールを経営している系列会社からの宣伝メールが増えてしまい、大変迷惑しています。



回答

 セールなどの広告メールを希望しない場合、ショッピングモールの個人情報設定画面や、メールマガジン等の利用設定へのチェックについて、その都度忘れずに確認しましょう。



解説

 現在、事業者は、広告・宣伝メールの送信が行われることと、その送信を行う者が誰であるか等を、消費者に認識させるような形で表示することを求められています(注)が、ネットのショッピングモールに出店しているショップで商品を購入時や、系列のクレジットカード会員登録時に、申し込んだ覚えもないのに、メールマガジンやセールの宣伝メールが大量に送られてきて、迷惑だという苦情がしばしば寄せられます。

 承諾した覚えもないところからメールが送られてくると困惑しますが、えてしてショップでの購入段階や、カードの入会段階に、メールが配信されるような初期設定がされているまま登録をしてしまった時にこのようになります。

 よって、メールなどを希望しない場合、手間はかかるのですが、メール配信に関する初期設定を解除しておく必要があります。機能の選択や入力過程にエラーがあったりして、再度その画面に戻ると、メール解除設定が元通りになっていたりします。

 メール配信解除後でも、系列会社からメールマガジンが送られてくることもあるため、マイページ等から登録内容の変更を確実にする必要があります。解除方法がわかりづらく、会員を退会してもメールマガジンは解除されないサイトもありますので気をつけましょう。

(注)「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」(平成23年8月 総務省、消費者庁)



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ