[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > ダイヤモンド採掘権を買ってしまった

[2013年5月13日:公表]

ダイヤモンド採掘権を買ってしまった

質問

 先日、ダイヤモンド採掘権に関するパンフレットが届きました。その後、別会社から、採掘権の購入を勧める電話が何度もあったため、信用して購入してしまいました。だまされたのではないかと不安です。



回答

 「買え買え詐欺」とも言われる「劇場型勧誘」の典型的な手口です。「業者が買い取るから利益になる」などの話に耳を貸してはいけません。いったんお金を支払ったら取り戻すことは、まず困難です。だまされないでください。



解説

 劇場型勧誘とは、A社が販売している権利・未公開株・社債等について、B社が「購入すれば、購入額を上回る金額で買い取る」「代理購入してほしい。謝礼を支払う」などとウソの説明を行い、販売会社(A社)との取引が、利益につながると消費者に誤認させ、お金を支払わせるよう仕向ける一連の詐欺的勧誘のことを言います。

 冷静に考えれば、利益が出るような「おいしい話」を、見ず知らずの他人に薦めるなど、ありえない話です。劇場で人物が入れ代わり立ち代わり登場するように、立場が異なる複数の人物がターゲットの消費者に執拗(しつよう)に架空の儲(もう)け話を持ちかけ、実態のはっきりしないものに投資させるシナリオになっています。

 絶対にお金は支払わず、すぐに最寄りの警察や、消費生活センター等に相談してください。

 詳しくは
「買え買え詐欺」にご注意!−より巧妙!より悪質に!劇場型勧誘による詐欺的儲け話の最近の手口−をご覧ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ