[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > レーシック手術って何?

[2013年4月12日:公表]

レーシック手術って何?

質問

 レーシック手術で視力が回復すると聞きましたが、問題点はありますか?



回答

 手術法が開発されてからの歴史が浅いため、その後の継続的な安全性については、まだ確認されていない部分もあります。費用・デメリットを含め、医師とよく相談して検討しましょう。



解説

 レーシックとは、目の表面にある角膜にレーザーを当て、角膜屈折矯正を行うことで、裸眼による視力を矯正・向上させる手術です。

 レーシック手術は、手術法が開発されてからの歴史がまだ浅いため、術後の安全性や日常生活への支障については、長期的・継続的な実証がなされていないといった意見もあります。

 矯正によって遠点視力が回復したものの、手元側が見えづらくなったという意見もあり、ライフスタイルにあわせて医師と相談し、手術の是非を検討しましょう。

 以前、使用する医療器具の管理と消毒が不十分だったことが原因で、手術を受けた人が感染性角膜炎に集団感染した事故も発生しており、施術機関側の態勢についても課題が残っているといえます。

 現在のところ、医療保険が適用されない自由診療のため、費用も様々であること、不可逆性(再び元の状態に戻れない可能性)のある手術であることからも、事前に十分な説明や情報を求め、納得した上で受けるようにしましょう。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ