独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > 太陽エネルギー利用パネル(パネル)からの落雪で隣家に被害が

ここから本文
[2013年4月12日:公表]

太陽エネルギー利用パネル(パネル)からの落雪で隣家に被害が

質問

 太陽光発電用のパネルを設置している自宅屋根から、積雪が勢いよく滑り落ち、隣家の壁に衝突、テラスを破損してしまいました。

回答

 パネル上に積もった雪は滑りやすく、自宅の敷地外にまで落雪被害が及ぶことがあります。すでに設置してあるパネルについては、地域ごとの気候条件をふまえ、パネルの設置業者、建築当初の設計者、施工者などと相談し、雪止めなどの必要な措置を検討しましょう。

解説

 パネルは、表面がガラスのため、非常に滑りやすい構造になっています。冬場は積雪が遠くまで勢いよく飛ぶため、パネルを設置するときは積もった雪の落下場所に注意を払う必要があります。パネルからの落雪を受けた人がむちうち症になった、などの事故例も報告されています。積雪の落下場所が自宅敷地内であれば、駐車場や倉庫、庭木などの位置を変更するなどの対策も必要です。

 市街地や住宅密集地では、隣家や路上の通行人・車両への安全も想定に入れ、パネル設置位置や広さを検討することになります。パネル自体にも重量があるので、設置業者、建築当初の設計者、施工者などとも相談する必要があります。

 落雪事故の防止には、パネル上に大量に積もる前に雪下ろしをするなどがありますが、パネル表面は滑りやすいので、作業は複数人で行うなど注意しましょう。

参考