[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > メルマガ作成のアルバイトをしたら「文章が上手だ」と褒められ、本格的に仕事をしないかと誘われた

[2013年4月12日:公表]

メルマガ作成のアルバイトをしたら「文章が上手だ」と褒められ、本格的に仕事をしないかと誘われた

質問

 メルマガ作成のアルバイトをして、数日分の賃金を受け取りました。その後「あなたのメルマガは上手で反響がすごい、本格的に仕事をすれば高収入が得られる」と言われたものの「ホームページを立ち上げる必要があり、作成費や管理費等の初期費用がかかるが、収益で取り戻せる。万が一収益が上がらなかったら返金する」と誘われましたが、信用できますか?



回答

 「言われたような収益が上がらない」「返金してほしいが連絡がつかなくなった」などの苦情が多数寄せられており、注意が必要です。



解説

 「仕事を提供するので、在宅で簡単、高収入が得られる」などと勧誘し「仕事に必要だから」との名目で金銭の支払いや道具・機材の購入(これらを特定負担と言います)を伴う契約を結ばせる取引は「業務提供誘引販売取引」と言います。

 このような取引は、特定商取引法で規制されています。業務提供誘引販売取引では、契約書面を受け取った日から20日間以内であれば、書面による無条件解約(クーリング・オフ)ができます。

 この他にも『「お金がなくて初期費用が出せない」と言ったところ、消費者金融業者で借りてくるよう言われた。「すぐに返せる」と言われて借入れしたが、全く返済できない』などの相談事例も寄せられています。この場合、内職契約はクーリング・オフができたとしても、借金の返済は残ってしまうため、初期費用が高額な内職契約をするかは慎重に判断してください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ