[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 「誤送した荷物を引き取るためお伺いしたい」という電話が…

[2013年2月12日:公表]

「誤送した荷物を引き取るためお伺いしたい」という電話が…

質問

 見知らぬ会社から荷物が届き、間もなく「荷物を誤送したので取りに行く。保管しておいて欲しい」という電話があった。どうしたらよいか。



回答

 悪質な訪問販売や劇場型勧誘の入り口になっているケースがあります。身に覚えのない配送物は、受取拒否や返送などで対応しましょう。



解説

 見知らぬ会社から書類のようなものが届いたあと、「荷物を誤送したので取りに行く」、「あなたの家に送られた資料をもらいたい」といった電話がかかって来ることがあります。

 資料を送りつけ、引き取りを口実に来訪し、その場で営業行為をする悪質な事業者がいます。よく見られるのが、不動産や金融商品を販売・勧誘するケースで、訪問を受けた人が執拗(しつよう)に勧誘をされたり、セールスを断ると恫喝(どうかつ)にあったりと、怖い思いをしたりしています。

 訪問したいとの電話があり、さらに配送物が届いた時は、受領印やサインの前に発送主を確認し、心当たりのない送付物であれば、未開封のまま配送業者に引き取ってもらうなどの備えが大事です。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ