[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 利用した覚えのないネットオークション出品手数料

[2013年2月12日:公表]

利用した覚えのないネットオークション出品手数料

質問

 クレジットカードの請求に、利用した覚えのないネットオークション出品手数料が入っており、ポータルサイトで使っているIDが不正利用されたと知りました。何者かが私のIDで出品をしていたようです。カード会社に連絡したものの「オークションサイトが請求してきたら支払うしかない」と言われました。



回答

 パスワードの定期的変更など、こまめな管理と、不正利用に対するリスクに備えることが必要です。



解説

 ネットオークションは個人間取引が前提です。サービス事業者としては、被害補償も含め、不正利用対策をさまざま講じているようですが、それでも「ID、パスワードが一致していれば通常取引と認識せざるを得ない」として、第三者による不正利用が疑われる場合でも、会員である消費者側から申し出があって、初めて利用状況を確認しているようです。

 第三者による不正利用であると確認されれば、利用料の請求取消や、返金される場合もありますが、一方では、自身のIDやパスワード管理に問題があったとして、救済されないこともあります。

 IDやパスワードは不正利用されないように管理し、特に、IDにクレジットカード情報を登録して利用する場合は、その利便性と危険性を認識した上で活用しましょう。家族や職場など、複数名でパソコンを共用する際は、利用履歴やサイトの閲覧履歴を消去してから席を離れることを習慣付けるなどの心構えも必要です。

 トラブルになった場合は、お近くの消費生活センター等に相談してください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ