[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 「数十秒で測れる!」というデジタル式体温計。でも、正確な体温を測るには10分程必要だった…

[2012年7月26日:公表]

「数十秒で測れる!」というデジタル式体温計。でも、正確な体温を測るには10分程必要だった…

質問

 「数十秒で体温計測」というデジタル式体温計を買った。しかし、数十秒で測定すると正確な体温とは多少の誤差があり、正確な体温を測るには、さらに10分程の時間が必要だった。同じように誤解している人が多いのではないか。



回答

 デジタル式体温計の計測方法は、予測式と実測式の2種類あります。予測式は短時間の計測結果からコンピューターで予測した体温を表示しますが、実測式は脇下用の場合、約10分かけ、実際の体温(正確な体温)を計測して表示します。

 「数十秒で計測可能」等とある場合、予測体温が表示される体温計ですが、これでも、そのまま計測し続けると、約10分で実際の体温が表示されるタイプのものがほとんどです。購入の際、パッケージをよく確認し、用途に合ったものを選びましょう。使用にあたっては、表示や取扱説明書で計測方法を確認することが重要です。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ