[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 通信販売サイトで商品を購入後、やたら電話勧誘が増えた

[2012年7月26日:公表]

通信販売サイトで商品を購入後、やたら電話勧誘が増えた

質問

 テレビで紹介されたインターネット通販サイトで商品購入後、見知らぬ業者から電話勧誘が頻繁にくるようになった。通販サイトから情報が漏れているのではないか。



回答

 通信販売業者から商品を購入する際、個人情報の取扱に関する事項(プライバシーポリシー)を確認しましょう。購入時に登録した個人情報が、どのように扱われるか「利用目的」でチェックしましょう。取得した個人情報の利用目的として、自社の他、提携する他社にも利用させるなどの内容が盛り込まれていたり、「電話による商品やサービスの紹介」「キャッシングなどの生活情報提供」「グループ会社で共同利用」「当社推薦企業のカタログやダイレクトメール送付のために利用」など、思っているより広範囲にわたることもあります。

 商品購入時に想像できなった会社からメールや電話があった場合、上記のような利用方法に同意をしていたとも考えられますので、個人情報を提供する場合、前もって利用目的や提携先とされている事業者を確認しておくなどの心の備えが必要です。

 一方、事業者では個人情報の管理が行き届かず、意図しない持ち出し事故が起きたり、情報を集積しているコンピューターが攻撃を受け、情報漏洩(ろうえい)する事故も後を絶ちません。配達や連絡に支障が及ばない程度で、どこに提供した情報か、自分だけが分かるような目印を付けるなどの工夫も考えておくと良いでしょう。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ