[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 「未払いの布団代金があるので支払いの必要がある」と見知らぬ業者が訪問した

[2012年2月1日:公表]

「未払いの布団代金があるので支払いの必要がある」と見知らぬ業者が訪問した

質問

 以前、家族が訪問販売で布団を購入した。その時の支払いは全て済んでいるのに、最近になって「未払いがあったので支払いをするように」と見知らぬ業者が訪問した。業者名や個人名を尋ねても一切名乗らず不審だ。



回答

 布団の支払いを完済しているにもかかわらず訪問し、業者名や個人名を名乗らないことから、布団購入履歴を元に何度も契約を迫る二次被害と思われます。

 完済しているのであれば、これ以上支払う必要はありません。キッパリ・ハッキリ断ってください。判断に迷う場合、業者の説明をうのみにせず、その場で支払うことは避け、家族や周りの人、消費生活センター等に相談してください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ