[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 通信サービスに申し込み、不要になったため解約しようとしたら、2年間は高額な解約金が必要だった

[2011年10月18日:公表]

通信サービスに申し込み、不要になったため解約しようとしたら、2年間は高額な解約金が必要だった

質問

 通信サービスに申し込んだが、しばらくして不要になり、解約しようとしたところ、2年間は高額な解約金が必要と判った。使わないサービスのため、あと1年以上も利用料が引き落とされるのは納得いかない。



回答

 通信サービスに限らず、年単位の会員になると、その期間内に退会する場合、解約金が必要になることがよくあります。規約などに契約期間が記載されていることがほとんどで、特に割引性が強いプランの場合にその傾向が見られます。何かの会員になる場合、あわててその場で契約せず、落ち着いた環境で申込書や規約に目を通し、入会前に必ず退会方法などを確認するようにしましょう。

 規約はもちろん、契約前に事業者の「FAQ」「よくある質問」等に目を通すとよいでしょう。ホームページに記載されていなければ、電話で問い合わせるなど、トラブルになりそうなことを確認し、納得した上で入会するようにしましょう。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ