[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > SNSから有料メール交換サイトに誘導された

[2011年7月15日:公表]

SNSから有料メール交換サイトに誘導された

質問

 SNS(注)で芸能人のマネージャーを名乗る者から「担当タレントが精神不安定なので助けてほしい」という内容のメッセージが来た。そこでメールを返したところ、有料メール交換サイトに誘導された。メールをやり取りするたびに料金がかかるのでやめようと思ったが、「かかった料金はマネージャーが支払うから続けてほしい」と懇願されるのでやり取りを続けた。しかし、料金は支払われないままで、サイトから高額な請求を受けた。



回答

 SNSを通してこのようなメールを受け取ったという情報が多く寄せられています。同情心や興味本位で連絡を取ってしまいがちですが、多くの場合、相手方の言っていることが本当かどうかの確認は困難です。インターネットで知り合ったメール交換の相手方を安易に信用することはやめましょう。

 「直接連絡を取りたい」「会って話したい」などとSNSから別のサイトに誘導されたり、電話番号や住所を聞かれたりした場合は、特に注意が必要です。

 詳しくは、悪質な「有料メール交換サイト」にご注意!−「会いたい」「悩みを聞いて」「お金をあげる」というメールを安易に信用しないで!−をご覧ください。

  • (注)「SNS」(ソーシャルネットワーキングサービス)とは
     インターネット上の会員制交流サイト。会員同士でメッセージを交換したり、趣味仲間(サークルメンバー)を募集したりすることができる。入会時に会員の紹介が必要な場合もある。


メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ