独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > クリーニング済みのダウンジャケットを着たところ、やけどのような症状になった

ここから本文
[2011年3月31日:公表]

クリーニング済みのダウンジャケットを着たところ、やけどのような症状になった

質問

 クリーニングに出したばかりのダウンジャケットを着ていたところ、腕がやけどをした状態になってしまった。何が原因と考えられるか。

回答

 クリーニング店で行われているドライクリーニングには有機溶剤が使用されているため、残留した場合、化学やけどなどの皮膚障害を起こすことがあります。

 化学やけどとは、酸、アルカリ、クリーニング溶剤などの薬品が皮膚についた時に腫れたり、水疱ができたりする症状です。

 事故を防ぐためには、クリーニング店から戻ってきた衣類を袋から出して、風通しのよい屋外に陰干ししてから着用するようにしましょう。合成皮革やポケットなど、乾きにくい部分は溶剤が残っている可能性があります。水疱ができたり腫れるなどの異常を感じたらできるだけ早く医療機関を受診して下さい。