独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > 過去に受けた通信講座の受講記録を抹消するには手数料が必要だといわれた

ここから本文
[2010年12月8日:公表]

過去に受けた通信講座の受講記録を抹消するには手数料が必要だといわれた

質問

 数年前、しつこい勧誘を断りきれずに資格取得講座の契約をした。その後、別の業者から電話があり「講座を続けないのであれば各社に名簿の抹消データを送るため、手数料が必要」と言われ、手数料を支払った。しかし、その後も度々同様の電話が入り、その都度手数料を請求される。どうしたらよいのか。

回答

 過去に資格講座関連の契約をしたことがある人に対して「過去に受けていた講座を完了するために手数料が必要」「勧誘が来なくなるように名簿から抹消するため手数料が必要」などと勧誘し、新たな契約をさせる「二次被害」のトラブルが寄せられています。

 こういった勧誘を行う業者は、「○○協会」「××事務局」といった公的機関に似た、紛らわしい名称を用いている例が見受けられます。公的機関が消費者に電話し、名簿を抹消するからその費用を払え、というような勧誘をすることは絶対にありません。「業者の説明がおかしい」と思ったら、きっぱり断りましょう。断りきれずに契約してしまった場合は、直ちにクーリング・オフの手続きをしましょう。

 なお、特定商取引法では、電話での勧誘時に事実と異なる説明をすることは、禁止されています。また、断っているのに勧誘を続けることや、いったん切った電話を再びかけて勧誘をすることも、禁止されています。