[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 1回だけ試すつもりが、翌月も送られてきた健康食品

[2016年12月27日:更新]
[2009年11月5日:公表]

1回だけ試すつもりが、翌月も送られてきた健康食品

質問

 インターネットによる通信販売で健康食品を購入しました。割引価格になっていたので、1回だけ試すつもりで注文したのに、同じ商品が翌月も送られてきて、定価の請求書が同封されていました。どういうことでしょうか。



回答

 インターネットの通信販売で商品などを注文し、翌月も同じ商品が送られてきたら、定期購入契約になっている可能性があります。通信販売で商品等を購入する際は、契約内容や返品のルールについてよく確認したうえで申し込みをしましょう。



解説

 全国の消費生活センターには「ダイエット食品や健康食品、サプリメントなどが割引価格になっているので試してみようと1回だけ注文したつもりだったが、実は『定期購入』であり何回かは必ず続けて購入しなければならないものだった」という相談が多く寄せられています。同じ商品が2度目に届いたときに初めて定期購入であると気づくことが多いようです。また、解約を申し出ても「定期購入が条件なので今すぐ解約はできない」「解約を申し出たところ、通常価格を請求された」「解約可能期間があり、それを経過してしまって新たな商品が届いた」などといったトラブルもあり、消費者に向けて注意喚起を行っています。

 なお、インターネットによる通信販売の場合、事業者は契約内容をわかりやすく表示するとともに、申込内容を最終的に確定するボタンをクリックする前に申込内容を確認・訂正できる画面を表示する必要があります。返品できるかどうかを含めた返品のルールは事業者が決めることができますが、はっきりサイト上に明示しなければいけないことになっています。明示がない場合は、送料を消費者が負担すれば商品到着後8日間以内に事業者に届くことを条件に返品できます。商品を購入する際は、支払う代金の総額や返品ルールなど契約内容をよく確認しましょう。

 スマートフォンで操作する場合、パソコンよりも画面が小さいため表示を見落とす可能性が高くなります。より慎重に契約内容を確認しましょう。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ