[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > おとり広告によって知られた個人情報を消去してほしい

[2009年11月5日:公表]

おとり広告によって知られた個人情報を消去してほしい

質問

 新聞折込の求人広告を見て連絡したところ、「その仕事は既に定員が埋まった。代わりに別の仕事を紹介する」と言われ、履歴書と免許証のコピーをファックスした。その後知人から情報を得るためのおとり広告ではないかと言われ辞退した。データを消去してほしい。



回答

 消費者をだまして個人情報を取得している場合は、個人情報保護法上の「不適正な取得」といえ、保有個人データの削除を求めることができます。しかし、実際には“おとり広告”であるとか、相手がだましたという証明をすることは困難なので、個人情報を他人に提供する場合は慎重に行うことが重要です。

 悪質な業者に個人情報が渡ると、個人情報が悪用され、架空請求が来る場合もあります。もし、このような連絡が来ても無視をすることが肝心です。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ