[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 格安航空券のインターネット申し込みで代金を支払ったのにチケットが渡されなかった

[2009年2月27日:公表]

格安航空券のインターネット申し込みで代金を支払ったのにチケットが渡されなかった

質問

 国内格安航空券をインターネット上で販売する事業者に、航空券の手配を申し込んだ。事業者に代金を振り込んだが、予定の期日になってもチケットが送られてこない。出発日間近になって、突然、事業者から「申し込みのあった航空券の予約はできている。振込み代金はいずれ返金するので、自費でチケットを購入して欲しい」というメールが届いた。支払ったお金は返金してもらえるだろうか。



回答

 インターネットの普及に伴い、旅行や帰省の際に利用する航空券をインターネットで格安に購入しようと考えることも多くなってきました。

 航空券を販売することは必ずしも旅行業の登録を必要としません。航空券を販売する会社には(1)旅行業の登録をしている旅行業者、(2)旅行業の登録を受けていない事業者があり、トラブルが発生したときは、それぞれ以下のような対応となります。

  1. 旅行業の登録をしている旅行業者で、業界団体の会員の場合は、旅行業法に基づき、業界団体から購入者に対し、その旅行業者の弁済限度額の範囲内で弁済されることになります。
  2. 旅行業の登録をしていない事業者の場合は、旅行業法に基づく対応はされません。

 格安航空券をインターネットで購入する際には、価格が安いということだけで判断するのではなく、トラブルになった際にどのような対応になるのかを知ったうえで購入するとよいでしょう。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ