[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 点検商法

[2018年4月27日:更新]

点検商法

 点検に来たと言って来訪し、「布団にダニがいる」「工事をしないと危険」などと言って商品やサービスを契約させる「点検商法」の被害が多数寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 5,543 6,286 5,945 5,821 5,724 5,070(前年同期 5,426)

相談件数は2018年3月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 「屋根の棟の板金がはがれている」と来訪した業者に言われ、屋根工事を申し込んだがキャンセルしたい。すでに足場を組んであるが解約は可能か。
  • 「水質調査のため来訪したい」と見知らぬ業者から電話があり了承したが、断りたい。電話がつながらないがどうすればいいか。
  • 母が電話で排水管の無料点検を了解したが、結局高額な排水管高圧洗浄を契約し請求されている。クーリング・オフは可能か。
  • 高齢の父が訪問販売で瓦が傷んでいると言われて15万円の屋根工事を契約した。15万円は高額と感じる。適正な料金はいくらか。
  • 部屋の点検をしたいと電話があり来訪を承諾した業者から求められ、署名をしたが、後でハウスクリーニングの契約だと分かった。解約したい。
  • 高齢の独居の母のところに床下調査をすると訪問してきた業者が高額なリフォーム工事の契約を次々させた。解約させたい。
  • 自宅に雨水ますの水質検査を無料で行うという電話があり、夕方業者が訪ねてくる。役所から委託されているというが本当だろうか。
  • 屋根瓦の無料点検に来た業者に勧められ床下補強工事をした。工事内容が代金に見合っていない気がする。騙されたのか。
  • リフォーム業者が戸建て住宅のベランダの壁が傷んでいると来訪した。リフォームを依頼したがクーリング・オフしたい。
  • 親が訪問業者に屋根が変形していると言われ、高額なリフォーム工事の契約をした。必要がないと思われるがキャンセル可能か。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ