[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > ソーラーシステム

[2016年7月29日:更新]

ソーラーシステム

 ソーラーシステムの普及にともない、ソーラーシステムに関するトラブルの相談が増加しており、特に訪問販売によるトラブルが多く寄せられています。

 ソーラーシステムのなかでも太陽光発電システムは、消費者の環境意識の高まり、補助金制度や余剰電力の買取制度により、今後さらに普及が進むことが予想されます。相談内容は、説明通りの発電量にならない等の相談が目立ちます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

ソーラーシステム全体
年度 2011 2012 2013 2014 2015 2016
相談件数 3,935 4,463 4,745 4,367 3,357 557(前年同期 566)
上記相談件数のうち 訪問販売
年度 2011 2012 2013 2014 2015 2016
相談件数 2,808 2,971 2,802 2,433 1,993 325(前年同期 311)

相談件数は2016年6月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

最近の事例

  • 訪問販売で太陽光発電とオール電化を契約して工事したが、実際の売電収入が少なく、事前に提示された売電収入は誤りであったことがわかった。補償を求めたい。
  • 電力自由化に伴い、使っていない土地にメガソーラーを設置して売電をしないかと勧誘を受けている。話がうますぎるが、信用できるだろうか。
  • 太陽光発電を設置した。その後、有料保証契約を申し込んだが保証書が送付されず、施工業者と連絡が取れない。どうしたらよいか。
  • 自宅を訪問して来た業者に勧誘され、太陽光発電システムを契約した。工事は完了している。電力会社の検査について申請をしたという業者の説明だったが、電力会社に聞いたところ検査の申請を受けていないと言われた。信用できず解約したい。
  • 訪問販売で太陽光発電システム設置工事の契約をした。「売電価格が下がっているので、今月中に契約すれば補てんとして10万円割引する」と急かされた。不安なので解約したい。
  • 父が訪問販売で「10年で元が取れる。売電で利益がでる」と勧められ、太陽光発電設備を1000万円で契約した。不審なのでクーリング・オフさせたい。どう説得すればよいか。
  • 9日前に、訪問してきた業者と太陽光発電の契約をした。契約後、売電価格が下がったことを説明していない、キッチンの工事を追加しないと太陽光システムを工事できない、書面の日付がおかしいなど、不審な点が多く解約したい。
  • 昨夜訪問販売で、太陽光発電システムをパネル代も工事代も無料で設置できると勧誘を受けた。「売電がないときでも、実質負担はない」とまで言われた。明日再度説明に来るというが、昨夜はパンフレットを何も持たずに来訪してきて不審だ。
  • 2週間前、知人が自宅で太陽光発電の契約をしたが、書面はもらっていないようだ。設置工事前であるが、クーリング・オフはできるか。
  • 訪問販売で夫が太陽光発電の契約をしたが、契約時の説明と実際の売電価格が異なっている。業者に連絡しているが、電話が繋がらない。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ