[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 商品先物取引

[2017年10月27日:更新]

商品先物取引

 商品先物取引は、将来の一定の期日に、現時点で決めた価格で商品の売買を約束する取引です。一定の委託証拠金を預け、その何倍もの額を取引するため、投資額以上の損失を被る可能性があります。

 商品先物取引の仕組みは複雑でハイリスク・ハイリターンな取引であるため、経験や知識のない消費者が取引をする際は注意が必要です。

 経験や知識のない消費者が執拗(しつよう)に勧誘をされたり、リスクのある取引なのに、「必ず儲かる」など断定的な判断によるセールストークを信じて契約してしまうケースもみられます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 900 869 562 368 335 108(前年同期 142)

相談件数は2017年9月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)
(注)このデータには国内・海外市場の商品先物取引及び差金決済取引(商品CFD取引など)に関する相談が含まれます。

最近の事例

  • 勤務先に業者から何度も資産管理の勧誘電話がかかり、断っていたが勤務先に訪問されたので話を聞いた。「今さら契約を断るのであれば威力業務妨害で訴える」と言われ、怖くなって海外大豆の先物取引契約をしてしまったが解約したい。
  • スマートフォンで金先物取引の売買注文をしているが、システム障害が発生して注文が行えない間に相場が下落し、損失を被った。システム障害は免責事項と言われたが、納得できない。
  • 電話勧誘が何度もあった商品先物取引業者と契約し、口座を開設した。自分ではやりたいと考えているが、家族の反対が強い。どのようなリスクがあるのだろうか。
  • 取引していた海外原油先物取引の事業者が廃業するため、返金すると言われたが、全額返金されなかった。取り戻す方法があるという報道を見たが、できるのか。
  • 電話勧誘後に訪問されて、金の国内商品先物取引の契約をした。総額4000万円以上を支払ったが、現在損失が発生している。さらに、白金の投資も勧誘され断ったが、今後の損失が怖いので金の契約も解約したい。
  • 今朝、金の投資を勧誘する電話があった。怒って切ったのに再度かけてきたので、業者名を情報提供したい。
  • 5年ほど前に、「絶対悪いようにしない」と勧められて金の海外先物取引をしたが、現在残高が激減している。お金を返して欲しい。
  • 先物取引業者に勧められるまま白金の先物取引を繰り返して、気がついたら損害が発生していた。返金してほしい。
  • 講演会に申し込んだことをきっかけに、来訪した業者に金の先物取引を執拗に勧められ、何度か断った末に契約したが、損失が出て、やめたいと言ってもやめさせてくれない。
  • 大豆の海外先物取引の電話勧誘を受け、勧誘電話が止まらないので、業者に会って断った。今後、勧誘の電話がかかってこないか心配だ。対応方法を知りたい。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ