[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 未公開株・怪しい社債

[2018年4月27日:更新]

未公開株・怪しい社債

 未公開株とは、証券取引所などに上場していない株のことをいいますが、「上場間近で必ず儲かると勧誘されたが、信用できるか」「未公開株を購入したが、上場予定時期を過ぎても上場しない」「未公開株を購入したが、業者と連絡が取れない」など虚偽の説明による勧誘などの詐欺的な事例も見受けられます。

 また、怪しい社債とは、金融機関等以外から販売勧誘される社債のことで、買え買え詐欺(劇場型勧誘)による詐欺的なトラブルが目立っています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
未公開株 4,793 3,155 1,685 677 499 289(前年同期 474)
怪しい社債 5,182 4,484 3,469 1,220 735 366(前年同期 693)

相談件数は2018年3月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

未公開株

  • 製薬会社の未公開株を母の名で買っていると証券会社から電話があった。母は買った覚えがないため怪しいと思って電話を切ったが、相手の狙いは何か。
  • 十数年前に未公開株に投資しその後連絡が取れなくなっていたが、投資した業者の役員を名乗る者から電話があり、「登録料50万円を支払えば返金する」と言われたが信用できるか。
  • 知人がマルチ商法の上位者から「上場予定のある事業者の株を購入すれば必ず儲かる」と未公開株の購入を勧められている。怪しい話なので信用しないように助言しているが、知人は諦められないようなので、情報提供する。
  • 知人に誘われた投資セミナーの主催者から海外企業の未公開株を勧められ、上場すれば利益が得られると説明された。500万円で契約したが、いつまでたっても上場されないので解約したい。
  • 10年前に未公開株を複数購入した。販売した事業者と連絡が取れなくなっている。対処方法はあるか。
  • 先月、知人に、「お金を払って代理店になれば、未公開株がもらえる」と勧誘された。怪しいので情報提供する。
  • 10年以上前に、届いたダイレクトメールがきっかけで未公開株を買い始めた。総額400万円分位持っているが、最近会社と電話が通じない。どうしたらよいか。
  • 2006年と2009年に未上場の株を合わせて5口400万円で購入したが、発行会社と連絡が取れなくなった。もうどうにもならないか。
  • 5年前に友人に紹介されて、2社の未公開株を合計で1400万円分買った。お金を取り戻すための有効な方法を知りたい。
  • 4カ月前A社から電話勧誘があり、B社の未公開株を購入した。その後数社の株や未公開株を売買したが、A社と現在電話が繋がらない。

怪しい社債

  • 義母が5社の少人数私募債を各社の顧問を名乗る人物から購入していた事がわかった。詐欺ではないかと心配だ。どうしたらよいか。
  • 数年前に知人から紹介された食品会社の私募債などに数百万円を出資したが、返済されない。返済してほしいがどうしたらよいか。
  • 食品会社から私募債の電話勧誘が何度もあった後、自宅に訪問され契約して多額の支払をした。初回の還付後、会社と連絡が取れなくなった。解約したい。
  • 無料の投資講座を受講後、担当者から太陽光パネル洗浄ロボットの販売業者の社債を勧められた。本当に儲かるのか不安だ。
  • 3年前から社債などを購入して、当初は配当を受け取っていた。最近配当が滞り業者と連絡不能になった。詐欺だろうか。
  • 業者から社債を勧誘する電話があり、年齢や家族構成を聞かれた。断ったが「また電話する」と言われた。電話勧誘を止めてほしい。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ