[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > カニなどの魚介類の送りつけ商法

[2017年10月27日:更新]

カニなどの魚介類の送りつけ商法

 「カニは好きですか」と電話があり、強引に契約をさせられてしまったり、断ったのに商品が届いたりするという相談が数多く寄せられています。最近ではカニのほかにエビやホタテ貝等に関する相談も見られます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 2,555 3,330 2,316 1,915 1,918 922(前年同期 815)

相談件数は2017年9月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)
※「魚介類」の「電話勧誘販売」及び「ネガティブ・オプション」に関する相談を集計しています。

最近の事例

  • 以前、旅行先でカニを購入した地域から電話があり、カニはどうかと言うので、断ったら、乱暴な言葉でののしられ、不審だ。
  • 高齢の両親宅に電話があり、3万9,000円相当の海産物が届くので代金を払ってくださいと言われたようだ。どうしたらよいか。
  • 離れて暮らしている父に海産物の勧誘電話があり、注文してしまったようだが、事業者と電話がつながらない。断るにはどうすればよいか。
  • 海産物販売業者から電話勧誘がありカニを申込んだ。怪しいので電話で注文取消を伝えたが意思が伝わっているか不安だ。
  • 父が電話で海産物の購入を勧められ一旦は了解したが、翌日にキャンセルしたにもかかわらず代引きで商品が届いた。どうすればよいか。
  • 海産物の勧誘電話を高齢の母が受け、荷物が届いてしまった。同居の弟が受取拒否したが、また送られてきたらどうすればよいか。
  • 海産物の販売店から電話でズワイガニを勧められ断ったがしつこいので購入を了解した。すぐに契約取消を求めたが断られた。
  • 母が電話勧誘を受けカニを買ったが、キャンセルしたい。業者に電話をしてもつながらない。どうしたらよいか。
  • 電話でカニの勧誘があり、翌日買うと答えた。解約したかったが値引きされたために言い出せなかった。やはり止めたい。
  • 父が電話勧誘を受け毛ガニとイカの塩辛を申し込んだが断りたい。業者名はわからず電話をしても通じなかった。どうすればよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ