[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 商品の販売やサービスの契約であることを隠して近付いてくる商法

[2018年4月27日:更新]

商品の販売やサービスの契約であることを隠して近付いてくる商法

 本来の目的が商品の販売やサービスの契約であるのに、消費者にはそのことを隠して近付く商法のトラブルが多く寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 10,301 11,157 11,059 9,335 8,518 7,013(前年同期 8,030)

相談件数は2018年3月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 「あいさつに来た」と言われドアを開けたら不動産コンサルティングの話を聞けと強引に言われトラブルになった。
  • 業者が来訪し無料セミナーを勧められ応じたところ、自宅でセミナーと称して中古分譲マンションを勧められ契約した。解約したい。
  • 節税について話がしたいと言って不動産会社の人が訪ねてきた。次回会う日を約束したが不動産の契約をさせられそうなので断りたい。
  • 「防災放送の確認をする」と訪問してきたケーブルテレビ会社と、インターネット、テレビ、電気、電話、Wi-Fi等の契約をした。全部やめたいが可能か。
  • 知人がエアコン掃除に来た業者から勧められ風呂のカビとり清掃を依頼したらしい。高額なので断りたいが連絡が取れない。
  • 訪問した不動産業者から住まいについてアドバイスすると言われたが、中古マンションを売り付けられ、手付金を払った。解約したい。
  • 職場関係の知り合いに食事に誘われ、店で店員や他の客から高額な水の定期購入を勧められた。断れず申し込んだが解約したい。
  • 新築マンションに引越しの最中に風呂の使い方の説明をすると来た業者と防カビサービスの契約をしたが無関係業者と知った。返金希望だ。
  • 浄水器の説明に来たと来訪した業者から高額なカートリッジを購入したが、浄水器メーカーの人ではないと分かったので解約したい。
  • 職場の同僚に誘われ無料美顔エステに行ったが化粧品を買わされた。また、施術者の資格を取るよう勧められたがやめたい。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ