[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 住宅ローン

[2017年10月27日:更新]

住宅ローン

 新築住宅ローン、住宅リフォームローンなど、住宅関連に限定されたローンに関する相談が毎年多く寄せられています。内容をみると、返済ができない等の相談が多いようです。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 3,435 2,810 2,595 2,205 2,003 741(前年同期 913)

相談件数は2017年9月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

最近の事例

  • 住宅ローンを借り換えると返済額が400万円軽減できると勧められ申し込んだが、170万円しか軽減できないとわかった。納得できない。
  • 住宅ローンを組んで注文住宅を建てることにしたが、融資銀行が固定金利について事前に説明せず高金利になった。納得できない。
  • 住宅ローンの支払いが厳しくなったので借入先に返済期間延長の申出をしたら、信用情報機関に載ると言われた。ブラックリストに載ると言うことなのか。
  • 返済中の住宅ローンの金利が高いので、他行ローンに借り換えたい。過去に返済が滞った時期があるため一部滞納の状態だが、借り換える方法は無いのか。
  • 夫が銀行で住宅ローンを組むことになっているが、妻の私が連帯債務者か連帯保証人になるよう言われた。説明が難しくて理解できておらず、どうしたらよいか悩んでいる。
  • 震災で家が半壊し、仕事もできない状態だ。このままでは住宅ローンの支払いが厳しいので、減額や延長はできないか。
  • 住宅ローンの借り換えをしたら火災保険料が高くなってしまった。団体信用生命保険もついていない。契約を借り換え前に戻したい。
  • 兄が自己破産し、亡くなった父が連帯保証人だった住宅ローンの残債務の支払い義務が私にあることが分かった。どうしたらよいか。
  • 10年以上前に住宅ローンを組み、毎月10万円を返済していたが、残債を支払えない。他にも借金がある。
  • 4年前に自宅を建てた際、B銀行で住宅ローンを組んだ。最近、「住宅ローンが100万円ほど安くなる」とA銀行に勧誘され契約した。しかし、元のB銀行での処理が進まず、1カ月分の金利が重複し不満だ。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ