[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > インターネット通販・オークション

[2018年8月3日:更新]

インターネット通販・オークション

 インターネットやスマートフォンの普及に伴い、インターネット通販やインターネットオークションに関する相談が寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2015 2016 2017 2018
インターネット通販 251,158 252,176 233,321 40,123(前年同期 48,415)
インターネットオークション 6,756 6,366 6,764 1,033(前年同期 1,264)

相談件数は2018年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • インターネット通販でスマートフォンケースを申し込み、代金を支払ったが商品が送られてこない。連絡をしても対応がない。返金してほしい。
  • フリマアプリでブランドのバッグを購入したが明らかに偽物と分かった。アプリ運営事業者に苦情をメールで伝えたが返答がない。
  • スマートフォンから酵素食品を格安で購入したら2回目が届き定期購入だと分かった。返品したい。
  • オークションサイトで茶色に見えた中古の財布を買った。届いた物は緑色だった。店が返品に応じない。対処法はないか。
  • インターネットオークションで浮世絵を落札したがコピー品だった。コピー品という表示はなかった。返品返金または減額交渉が可能か。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ