[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 貴金属等の訪問買取り

[2016年3月30日:更新]

貴金属等の訪問買取り

 「突然自宅を訪れた知らない業者に、十分な説明もなく宝石、指輪、金貨等の貴金属を安値で買い取られた」という相談が寄せられています。

 いったん貴金属を引き渡してしまったら、取り戻すことは簡単ではありません。「今が一番高値です」「早くしないと大損ですよ」などのセールストークで勧誘され、その場で判断を迫られたような場合は、特に注意が必要です。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2010 2011 2012(注) 2013 2014 2015
相談件数 2,425 4,150 2,646 2,559 2,508 2,171(前年同期 2,112)

相談件数は2016年2月29日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

  • (注)2013年2月21日の特定商取引法の改正施行に伴い、集計方法を変更しました。
    このため、同日前後での時系列の比較はできません。2012年度に限り、参考として法改正施行日前後の件数を合計した数値を掲示しています。

最近の事例

  • 2カ月前、実家の母が突然、買取業者の訪問を受け、ネックレス等15点を購入価格より安価で売ったことがわかった。返してほしい。
  • 昨日、訪問買取で衣類や貴金属を売ったが、他の店では倍以上の査定額が発生することが分かった。クーリング・オフするので、商品を返してほしい。
  • 「古い靴を買い取る」と電話があり、業者が家に来たところ「貴金属はないか」としつこく不快で断った。個人情報を伝えたが大丈夫か。
  • 義理の父が電話で「着物を買い取る」と勧誘を受け、業者の来訪を承諾した。断りたいが電話がつながらない。どうすればよいか。
  • 昨日、自宅を訪問した古物商に貴金属のアクセサリーを売った。夫に金のレートが安すぎると言われた。クーリング・オフできるだろうか。
  • 毛皮とバッグを売ろうと買い取り業者を家に呼んだところ、売るつもりがなかった指輪、ブレスレット、古銭等を、安価で強引に買い取られた。あきらめているが、情報提供したい。
  • 「服を買い取る」と業者から電話があり、母が来訪を了承した。その後、「貴金属を買い取りたい」と再度電話があり、断ると怒鳴られた。来訪してきたらどうすればよいか。
  • 「近くを回っている」と言って業者に来訪され、古着やダイヤのネックレスを買い取ってもらった。よく考えると、安値で売ってしまったので返して欲しい。
  • 「不要なものはありませんか」と電話があり、来訪した業者に「これは売らない」と伝えたにもかかわらず、結婚指輪を買われてしまった。返してほしい。
  • 1週間前、訪問販売でブレスレットを買った。その時、業者から「不要なアクセサリーがあれば買い取る」と言われ買い取ってもらったが、買取を後から言うやり方は、問題ないのだろうか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ