[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 貴金属等の訪問買取り

[2017年4月28日:更新]

貴金属等の訪問買取り

 「突然自宅を訪れた知らない業者に、十分な説明もなく宝石、指輪、金貨等の貴金属を安値で買い取られた」という相談が寄せられています。

 いったん貴金属を引き渡してしまったら、取り戻すことは簡単ではありません。「今が一番高値です」「早くしないと大損ですよ」などのセールストークで勧誘され、その場で判断を迫られたような場合は、特に注意が必要です。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2011 2012(注) 2013 2014 2015 2016
相談件数 4,154 2,652 2,586 2,533 2,593 2,387(前年同期 2,427)

相談件数は2017年3月31日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

  • (注)2013年2月21日の特定商取引法の改正施行に伴い、集計方法を変更しました。
    このため、同日前後での時系列の比較はできません。2012年度に限り、参考として法改正施行日前後の件数を合計した数値を掲示しています。

最近の事例

  • 買取業者に自宅を訪問され、売るつもりのなかった高価なアクセサリーまで買い取られた。クーリング・オフしたい。
  • 自宅に着物や靴を買取ると電話勧誘があり高齢の母が訪問を承諾した。評判の悪い業者だ。断るつもりだが気をつけることはあるか。
  • 高齢の両親に電話があり、不用品を買い取るというので訪問を受けたが貴金属類だけを安値で買い取られたという。どうしたらよいか。
  • 高齢でひとり暮らしの母が訪問買取業者から電話を受け、来訪を約束したようだ。トラブルが多いと知り心配だ。対処法を知りたい。
  • 母が訪問購入で着物とブローチの買取を契約したが、クーリング・オフしたい。通知を送るが、その後のやり取りはどうすればよいか。
  • 訪問してきた不用品買取業者に18金の指輪の査定をしてもらったが、査定額はレートの半額以下だった。売らなかったが情報提供したい。
  • 電話の後来訪した買取業者にネックレス、指輪、バッグ、洋服を売ったが電話でクーリング・オフをした。書面通知をした方が良いか。
  • 高齢の母が訪問購入業者にずいぶん安く指輪やネックレスを売却してしまった。取り戻すことはできないか。
  • 訪問してきた業者に貴金属等を売却したが、言われた価格と違うことに後で気が付いた。不審なのでクーリング・オフしたい。
  • 母が訪問購入で売却した貴金属のクーリング・オフを主張したら、業者から代金を先に振り込むよう言われた。どうしたらよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ