[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > ファンド型投資商品

[2018年4月27日:更新]

ファンド型投資商品

 ファンドへの出資契約に伴うトラブルなど、ファンド型投資商品※に関する相談が寄せられています。相談では、損失が出る可能性があるにも関わらず「必ず儲かる」と勧誘されたり、リスクについて十分な説明がないまま、実態の分からない高額な出資契約を結ばされたりするケースが目立ちます。

  • ※ファンドは、複数の出資者から資金を募り、その資金を元手とした事業・投資などを行って、得られた収益を出資者に配分する仕組みです。なお、契約者が購入した商品などを業者が一定期間預かり、そこから得られる収益を契約者が受け取る仕組みの預託契約などについても、「ファンド型投資商品」として集計しています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 14,946 16,626 13,101 6,962 5,224 6,298(前年同期 4,918)

相談件数は2018年3月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 投資ファンドに500万円を振り込んだが詐欺だとわかった。警察にも相談したが、クーリング・オフなど法的な助言がほしい。
  • 約3年前に友人から仮想通貨への投資を勧められ高額な料金を支払ったが昨年から取引所サイトが見られなくなった。返金してほしい。
  • SNSで勧誘され仮想通貨をマイニングする権利を家族分申し込み、さらに別の仮想通貨の権利等を次々にあおられて買ってしまった。解約したい。
  • 出会い系サイトで知り合った人に誘われた仮想通貨の投資話に消費者金融から借金をして高額の投資をしたが、配当が何もない。勧誘者とはSNSでしか連絡が取れず、投資先が分からない。
  • 父が仮想通貨や個人事業等に多額を投資していることが分かった。仮想通貨の管理は業者に任せていて自分で確認することができない。やめさせたいが、どうしたらいいか。
  • 友人に誘われて海外の不動産に投資すると配当が入るというネットワークビジネスに申込んだが、配当がない。どうしたらいいか。
  • 知人に誘われ毎週配当金がもらえるという海外の組織に参加して投資をした。ログインすると配当金のような金額が表示されるが出金できない。だまされたので返金してほしい。
  • 知人から海外事業者に投資し、配当を仮想通貨で受け取る投資話を持ちかけられ、奨学金で投資したがだまされたようだ。解約希望。
  • 高配当を謳った異なる2社のファンドにそれぞれ100万円出資したが、ほとんど配当のないまま連絡がとれなくなった。返金して欲しい。
  • ブログサイトで見つけた海外不動産事業に仮想通貨で投資をした。その後、配当が途絶えホームページにログインできなくなった。どうしたらよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ