[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > ファンド型投資商品・未公開株・怪しい社債

[2018年8月3日:更新]

ファンド型投資商品・未公開株・怪しい社債

 実体の分からないファンド型投資商品(※1)や未公開株(※2)、怪しい社債(※3)に関する相談が寄せられています。

  • ※1 ファンドは、複数の出資者から資金を募り、その資金を元手とした事業・投資などを行って、得られた収益を出資者に配分する仕組みです。なお、契約者が購入した商品などを業者が一定期間預かり、そこから得られる収益を契約者が受け取る仕組みの預託契約などについても、「ファンド型投資商品」として集計しています。
  • ※2 未公開株とは、証券取引所などに上場していない株のことをいいますが、「未公開株を購入したが、上場予定時期を過ぎても上場しない」「未公開株を購入したが、業者と連絡が取れない」など虚偽の説明による勧誘などの詐欺的な事例も見受けられます。
  • ※3 怪しい社債とは、金融機関等以外から販売勧誘される社債のことで、買え買え詐欺(劇場型勧誘)による詐欺的なトラブルが目立っています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2015 2016 2017 2018
ファンド型投資商品 6,962 5,225 6,803 1,409(前年同期 954)
未公開株 677 499 305 58(前年同期 68)
怪しい社債 1,220 735 380 77(前年同期 88)

相談件数は2018年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

ファンド型投資商品

  • 数年前から農産物事業に投資しており、すでに償還日が過ぎているが償還が遅れると通知が来た。電話がつながらず不安だ。
  • 息子が友人に儲かるとセミナーに誘われ、消費者金融からお金を借りて仮想通貨に投資する契約をしたが、やり方が分からず息子は心配している。返金を求めたい。
  • 投資ファンドに500万円を振り込んだが詐欺だとわかった。警察にも相談したが、クーリング・オフなど法的な助言がほしい。

未公開株・怪しい社債

  • 知人に債権を購入する権利が当たったという電話がかかってきた。怪しい話のようだが、どのように対応したらよいか。
  • 製薬会社の未公開株を母の名で買っていると証券会社から電話があった。母は買った覚えがないため怪しいと思って電話を切ったが、相手の狙いは何か。
  • 十数年前に未公開株に投資しその後連絡が取れなくなっていたが、投資した業者の役員を名乗る者から電話があり、「登録料50万円を支払えば返金する」と言われたが信用できるか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ