[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 二次被害

[2017年4月28日:更新]

二次被害

 一度被害にあった人を再び勧誘して、二次的な被害を与えるケースを「二次被害」として分類しています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2011 2012 2013 2014 2015 2016
相談件数 18,536 15,965 13,232 13,724 12,615 13,532(前年同期 11,874)

相談件数は2017年3月31日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

最近の事例

  • アダルトサイトのワンクリック請求を解決してくれるという業者をインターネットで調べ依頼したが、調査するという内容だったので解約したい。
  • スマートフォンに有料サイトの未納料金のメッセージが届いたので電話をして支払った。心配で調査会社とも契約したが不安だ。
  • スマートフォンでワンクリック詐欺に遭い焦ってインターネットで調べた探偵業者に連絡し契約してしまった。解約したい。
  • スマートフォンのアダルトサイトで料金請求され、探偵に依頼した。探偵から書類が届いたが怪しいと思う。どうすればよいか。
  • アダルトサイトにアクセスし、合計35万円、探偵業者にも約5万4000円支払ったのに、サイトから再度請求された。
  • スマートフォンでアダルトサイトに入り登録され料金請求画面が出たため、相談先を検索し、電話で申し込んだが大丈夫か。
  • スマートフォンのSMSでアダルトサイトの未納請求が来た。解約代行業者を検索して電話をかけた。どうしたらよいか。
  • パソコンでアダルトサイトをクリックしたら登録され料金請求画面が出た。電話でも払えと言われ不安になり、インターネットで調べた相談窓口に電話したら有料で解決すると言われた。どうしたらよいか。
  • 入会した出会い系サイトがいんちきだと分かり退会したところ、被害を回復するというメールがあった。出会い系サイトの女性からもらえるはずだった約50億円を取り戻してくれるというので、口座凍結解除料として約5万円支払った。
  • パソコンでテレビ番組を視聴しようと動画サイトの番組をクリックしたら突然ウィルス感染されていると音声が流れた。ネットで調べた相談窓口に相談してしまったが、この相談窓口も不審だ。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ