[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > クレジットカードの現金化

[2017年10月27日:更新]

クレジットカードの現金化

 「クレジットカードの現金化を申し込んだが不審なのでやめたい」など、クレジットカードの現金化に関する相談が寄せられています。

 クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して、消費者に安価な商品を高額で購入させた後、「商品買取り」等と称して売値の何割かに相当する現金を消費者に渡し、業者はカード会社から立替金を得る、という仕組みです。また、最近では、キャッシュバック付商品を購入させ、商品とともに現金を渡す「キャッシュバック方式」と呼ばれるような方法もあります。

 一見、通常の商品売買のようですが、消費者にはクレジットカード会社へのショッピング枠利用分の返済義務が残っているため、渡された現金と立替金との差額を実質的な利息と捉えれば、高金利の借金をしているのと何ら変わりません。また、クレジットカードの現金化はクレジットカード契約に違反する行為でもあります。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 440 370 233 115 115 41(前年同期 60)

相談件数は2017年9月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

最近の事例

  • 今朝スマートフォンに電話の着信があり、かけ直したらクレジットカード現金化の話だった。すぐ電話を切ったがトラブルにならないか心配だ。
  • お金を借りるためにネットで見つけた貸金業者から、クレジットカードで家電品を購入して現金化する方法を説明された。指示通りに家電品を購入して買取業者に送付したが、貸金業者と連絡が取れなくなり、騙されたと気付いた。対処法はあるか。
  • インターネットで借金の申し込みをしたら、「審査は通らなかったが別の方法がある」と言われ、家電製品を分割払いで購入して現金化する方法を案内された。不審だ。
  • クレジットカードの現金化を行っている業者にメールで申し込んだ。ブランド物のバッグをクレジットカードで2点購入し、商品を業者に送った。業者からは高額の手数料を請求されている。
  • ショッピング枠現金化での融資を申込み、指示どおり電子部品を購入して送ったのに、予定の半分しか融資されない。どうしたら良いか。
  • クレジットカードの現金化を広告する業者に、今日中に2万円を借りたいと思い、カード番号と有効期限を電話で伝え申し込んだが入金されない。どうしたらよいか。
  • クレジットカードのショッピング枠を利用して融資を希望したが、それとは別に銀行口座に身に覚えのない4万8,000円が振り込まれていた。これは押し貸しではないか。今後どうしたらよいか。
  • 現金が必要で、クレジットカードの現金化をしてくれる事業者に申し込みをした。自分は6万円必要なのだが、クレジットカードの支払いは9万円になるといわれた。思っていた金額と違うので解約したい。
  • 息子がインターネットで見つけた業者とクレジットカードの現金化契約をした。契約を解除させたい。どうしたらよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ