[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > ベビーカー

[2017年10月27日:更新]

ベビーカー

 ベビーカーに関連して、消費者からさまざまな相談が寄せられています。この中には、隙間に指を挟んだなどでけがをしたというものや、ベビーカーの部品が折れたというものもあります。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 58 352 268 212 128 41(前年同期 64)

相談件数は2017年9月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

最近の事例

  • ベビーカーに1歳半の女児を乗せ、数秒目を離した隙にベビーカーごと転倒し、女児が右腕上腕を骨折した。製品に問題はないのか。
  • 買ったばかりのベビーカーを使用中、急にタイヤが動かなくなった。メーカーは修理するというが新しいものと交換してほしい。
  • 孫のために購入したベビーカーのシート部分に通気性がないと分かった。交換か返品・返金を求めたいが、どうすればよいか。
  • ベビーカーを店舗で購入したが後輪が360度回転式で、特に対面式で使った時、思う方向に進まない。危険なので返品したい。
  • 3カ月前に購入した折りたたみ式ベビーカーのゴム製の足置部分が切れて外れた。メーカーに申し出ると「大人が乗ったのではないか」と言われたが覚えがない。無料で修理するというが、納得できない。
  • ベビーカーに子どもを乗せるとき、子どもの指がはさまれて切断状態になった。メーカーに補償を求めたい。
  • 9カ月の子どもがベビーカーに指を挟み救急車で運ばれた。指を6針縫ったが切断の可能性もある状態である。
  • ベビーカーのハンドルが折れたのでメーカーに連絡した。原因を調査するとのこと。場合によっては大事故につながると思う。
  • インターネットショッピングでベビーカーを注文した。使用上の不具合があるため解約したい。
  • 1年以上前に通販で購入したベビーカー。車輪と本体の間のプラスチック部分が2回折れた。製品に問題があるのではないか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ