[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > アフィリエイト・ドロップシッピング内職

[2016年3月30日:更新]

アフィリエイト・ドロップシッピング内職

 「『ネット上で簡単にできるお仕事』などと誘われて契約したが、まったく収入にならない」「売り上げを伸ばすために必要と言われ、ホームページ作成のための費用を支払ったが収入がないのでやめたい。返金してほしい」などの相談が多く寄せられています。

 アフィリエイトの仕組みは、消費者がホームページやブログなどを作成し、製品、サービスなどの宣伝を書き、広告主(企業など)のサイトへのリンクを張ります。ホームページやブログの閲覧者がそこから広告主のサイトへ移行して、実際に商品の購入などにつながった場合、売上の一部が自分の収入(利益)になるというものです。

 ドロップシッピングは、消費者が実際に自分のホームページなどで、商品を販売します。販売用の商品の仕入れ費用や売れた場合の手数料の支払いなどもあるため、売れたとしても、思ったほど簡単に収入にならないという場合があります。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移※

年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015
相談件数 1,530 823 871 888 1,180 1,224(前年同期 919)

相談件数は2016年2月29日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)
※2009年11月4日の公表資料に基づき、アフィリエイト・ドロップシッピングに関する相談の内、内職に関係のある件数を集計しています。

最近の事例

  • インターネットで、「アフィリエイトで金持ちになるという会」の会員申込みをした。しかし、詳しい説明もなく、不審なので解約したい。どうしたらよいか。
  • アフィリエイトで稼いでいるという人から、「アダルトサイトのアフィリエイトで月に30〜40万円稼げるように指導するから、まず50万円を借金して払ってほしい」と勧誘されたが、信用できるか。
  • インターネットで探したデータ入力の在宅内職の事業者に、資料を請求した。業者から電話がかかってきて、「アフィリエイトの方がもうかる」と勧誘を受けた。不審なので情報提供したい。
  • 友人からアフィリエイト内職を紹介され、飲食店で契約した。解約を申し出ると「2年間はできない」と言われた。どうしたらよいか。
  • インターネットで、「簡単に稼げる」というアフィリエイト商材を分割払いで購入して実践したが、収入が得られなかった。代金をこれ以上払うことに納得できない。どうしたらよいか。
  • 知人の紹介で、アフィリエイトで儲けるための情報商材を50万円で契約したが、キャンセルしたい。解除通知を出したいが、どうしたらよいか。
  • 息子が、30万円もするアフィリエイトのセミナーに参加することにしたらしく、セミナー業者からの指示で、「信用をつけるため金融業者から借入したい」と言っている。心配だ。
  • 求人サイトからアフィリエイトの在宅内職に申し込み、電話で「必ず儲かる」と説明を受けた。約50万円の契約料金を払ったが、説明と違い儲けが出ない。契約書に解約できないと書かれているが、解約したい。
  • 知人から、「副業で、オンラインゲームのアフィリエイト内職をしないか」と誘われ申込みをした。しかし、知人紹介でマージンが入るなど、信用できないので解約したい。
  • 返金保証付きのアフィリエイト商材を買った。広告通りに儲からないので、返金を求めているが業者と連絡が取れない。どうしたらよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ