独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > アフィリエイト・ドロップシッピング内職

ここから本文
[2019年8月2日:更新]

アフィリエイト・ドロップシッピング内職

 「『ネット上で簡単にできるお仕事』と誘われて契約したが、まったく収入にならない」など、アフィリエイト(※1)・ドロップシッピング(※2)に関する相談が寄せられています。

  • ※1 アフィリエイトの仕組みは、消費者がホームページやブログなどを作成し、製品、サービスなどの宣伝を書き、広告主(企業など)のサイトへのリンクを張ります。ホームページやブログの閲覧者がそこから広告主のサイトへ移行して、実際に商品の購入などにつながった場合、売上の一部が自分の収入(利益)になるというものです。
  • ※2 ドロップシッピングは、消費者が実際に自分のホームページなどで、商品を販売します。販売用の商品の仕入れ費用や売れた場合の手数料の支払いなどもあるため、売れたとしても、思ったほど簡単に収入にならないという場合があります。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2016 2017 2018 2019
相談件数 1,817 1,941 1,765 262(前年同期 297)

相談件数は2019年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • アフィリエイトで稼いでいるという人のブログで紹介されていたシステムを購入し、事業者に使い方を聞いたが、教えてもらえなかった。返金してほしい。
  • 副業サイトで「誰でもできる副業」という広告を掲載していた事業者に連絡を取り、登録料を支払ってアフィリエイトの副業を始めたが、簡単なものではなく儲からない。
  • 同僚から、人を紹介したら報酬が得られるというオンラインカジノのアフィリエイトを勧められ入会したが、儲からない。解約し返金をして欲しい。
  • インターネットで見つけた在宅ワークの面接に行ったら、仕事に必要な知識や技術の習得のためだと言われ、アフィリエイトのコンサルタント契約をすることになった。
  • 儲からなければ全額返金保証付きという電子たばこを売るドロップシッピングを契約した。商品は売れなかったが、業者から保証がない。対処法はないか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報