[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 注目テーマ > 悪質な「利用した覚えのない請求」が横行しています

[2015年8月3日:更新]
[2002年5月28日:公表]

悪質な「利用した覚えのない請求」が横行しています

利用した覚えのない請求 対策マニュアル

利用した覚えがない架空の請求をうけているが、どうしたらよいかという相談が、全国の消費生活センターへ寄せられています。

請求の名目

 請求の名目は、「有料サイト利用料金」「デジタルコンテンツ利用料」「出会い系サイト利用料」「総合情報サイト登録料」、「(商品を指定しない)債権」「他社から譲渡された債権」など本当にさまざまです。

 過去には、「電子通信料」「恋人紹介事業の事務手数料」「民法指定消費料金」「医療費」「官報掲載料」といったものがありました。

請求者は何と名乗っているか

 請求者は、そのサービスを提供したと称するサイトの運営者や通信会社を名乗るだけでなく、法務省が許可した債権回収業者(サービサー)と同一または類似の名称を名乗ったり、弁護士や司法書士、その事務所、調査会社を名乗ったりするケースもあります。また、公証人が作成した文書であると記載したり、裁判所内の郵便局から発送したりして、請求の正当性を印象付けようとするものさえあります。

 最近は、実在する公的機関によく似た名称、実在する中央省庁の名称、公益法人等を名乗るものもあります。

請求手段と内容

 請求手段も、電子メールやSMS(ショートメッセージサービス:電話番号を用いたメール)、はがき、封書、電報、自動音声による電話など、いろいろな手段が使われています。「入金がない場合には自宅、勤務先・学校へ回収に出向く」「支払わないと給与を差し押さえる」「裁判所から回収に行く」など、不安をあおる文言が使われているケースがほとんどです。

集金の手段

 従来から、請求書には送金先として銀行口座名が明記されていました。が、「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」(本人確認法)の施行(2003年1月)や、当センターから全国銀行協会への架空請求被害への積極的な取り組みの要望(2003年6月)などもあり、請求書への銀行口座の記載が簡単ではなくなると、今度は、新たな集金の手段も出てきました。

 例えば、「現金書留を使って送付させる」「代引郵便を悪用する」「銀行口座番号はあとで電話で伝える」「コンビニで電子マネーを買わせて、その番号を連絡させる」などの方法です。

相談件数

 このような相談は、2002年度から急増し、もっとも多かった2005年度には65万件にも達し、すべての消費者相談の35パーセントをも占めるまでになりました。その後、行政機関等が連携してトラブル防止に努めたこともあり減少しましたが、2013年度に再び増加に転じ、現在も全国の消費生活センターへは毎月数千件の相談が寄せられています。


国民生活センターでは、こうした架空請求には次のように対処するようアドバイスします。

利用していなければ払わない

 まったく根拠のない架空請求が横行しています。これらは、何らかの名簿を入手した悪質事業者が、その名簿に基づき、アトランダムに根拠のない請求書や電子メール等を大量に送ったものと思われます。

 請求書等には「回収員が自宅へ出向く」「勤務先を調査」「給料の差押え」「強制執行」「信用情報機関に登録」など不安をあおるような脅し文句が書いてあることもあり、請求書等を送りつけられた人の中には、関わりたくなくて振り込んでしまったり、あるいは過去に自分が使った別事業者の請求と勘違いしたり、家族が使ったと思いこんだりして、支払ってしまう人もいるでしょう。こういった、勘違いや関わりたくない気持ちなどに付け込む手口です。

 こういった架空請求に対して消費者ができる対策は、支払わずに放置し、脅し文句にひるまないようにしましょう。

最寄りの消費生活センターへ相談してみる

 請求された内容について不明な点があったり、不安を持ったりした場合には、相手に連絡せず、また料金を支払う前に、まず消費生活センターに相談しましょう。同じ文面の請求書が多くの人に届いているなどの架空請求の情報やアドバイスが得られます。

 「裁判所からの支払督促」や「少額訴訟の呼出状」と思われる場合は、書類の真偽の判断はむずかしいので、放置せず、すぐに消費生活センターに相談することが重要です。裁判所の管轄地域・連絡先については、裁判所のホームページ内各地の裁判所でも確認することができます。

これ以上、電話番号などの個人的な情報は知らせない

 郵送の場合は、請求書が実際に届いているので、事業者は名前と住所は知っていることになります。また、電子メールやSMSの場合では事業者はメールアドレスや電話番号を知っていることになります。新たに、個人的な情報を知られてしまうと、今度は別の手段で請求してくることが予想されます。個人的な情報を知られないようにしてください。

証拠は保管

 今後何らかのアクションが業者からあるかも知れないので、請求のはがき、封書、電子メール等は保管しておく方がいいでしょう。

警察へ届け出を

 根拠のない悪質な取り立ての場合は、警察に届けておきましょう。

何度も電子メール等で架空請求が届くような場合は・・・

ご利用のプロバイダーの迷惑メールに関する情報を確認し、携帯電話会社の「迷惑メール撃退サービス」を利用してブロックしましょう。

国民生活センターへ電子メールで届いた督促状
最終通告(2002年11月13日受信)
【御請求通知】(2003年6月4日受信)
《大至急御連絡致します》必ずお読みください(2003年9月21日受信)
国民生活センター「消費者トラブルメール箱」への情報提供

関連機関の情報

中央省庁

消費者庁
あなたの大切な個人情報を守るために・・・[PDF形式](消費者庁)(2004年12月13日)
ワンクリックによる不当請求・架空請求に係るポスタ−(消費者庁)(2010年1月20日)
振り込め詐欺の類型(消費者庁)(2010年1月21日)
注意喚起「全国消費生活保全協会」「消費生活情報センター」「消費者生活支援センター」「特定消費者団体 昴の会」(消費者庁)(2007年11月29日)
警察庁
メールやホームページによる「架空請求」等への注意喚起(警察庁)(2005年2月1日)
警察庁セキュリティポータルサイト@policeの名を騙った架空請求メールについて(警察庁)(2006年6月30日)
最近の手口(警察庁)
おうちの方や先生へ 携帯電話編(警察庁)
相談事例一覧(警察庁)
有料サイトの利用料金を請求するメールが来た(警察庁)
預金保険機構
詐欺的行為の注意喚起(預金保険機構)
総務省
総務省の振り込め詐欺対策(総合サイト)(総務省)
地上デジタル放送に係るいわゆる「振り込め詐欺」事案について(総務省)(2005年12月19日)
地上デジタル放送受信に係る請求書送付事案について(総務省)(2005年10月28日)
「特殊法人 全国金融支援公社」と名乗る融資業者にご注意ください(総務省)
「総務省認可」をかたった業者による不当料金請求にご注意ください(総務省)(2005年1月19日)
法務省
架空請求に関する情報 〜はがき、メールなどにより不特定多数の人に対し、身に覚えのない請求をする悪質な事例が増えています〜(法務省)(2004年12月28日)
財務省
財務省の名をかたる詐欺などにご注意!(財務省)
国税庁
国税不服審判所・国税庁をかたった架空請求にご注意ください!(国税庁)(2005年1月24日)
厚生労働省
厚生労働省職員や機関を装った不審な電話・メールにご注意ください(厚生労働省)
経済産業省
経済産業省と法テラスの名前を使った架空請求について(経済産業省)

その他の関係団体

法テラス
【注意】法テラスの名前を使った架空請求にご注意ください(法テラス)
インターネットホットライン連絡協議会
架空請求に対する相談のあったサイト一覧(インターネットホットライン連絡協議会)
一般社団法人日本損害保険協会
損害保険会社等を名乗る業者にご注意ください(一般社団法人日本損害保険協会)

消費生活センター等の情報

北海道・東北

北海道立消費生活センター
身に覚えのない請求にご注意ください(北海道立消費生活センター)
札幌市消費者センター
架空請求・不当請求の相談(札幌市消費者センター)
宮城県消費生活センター
ハガキによる架空請求にご注意ください!(宮城県消費生活センター)(2013年9月11日)
仙台市消費生活センター
ハガキによる架空請求にご注意ください!(仙台市消費生活センター)
ハガキによる架空請求にご注意ください!(2)(仙台市消費生活センター)

関東

群馬県消費生活センター
架空請求注意報(群馬県消費生活センター)
館林市消費生活センター
架空請求はがきについて(注意喚起)(館林市消費生活センター)(2012年11月16日)
船橋市消費生活センター
新たな「架空請求」にご注意!(船橋市消費生活センター)(2011年2月)
東京都消費生活総合センター
架空請求対策(STOP!架空請求!)
東京都「架空請求対策(STOP!架空請求!)」ウェブページへのリンク
法律事務所を装った架空請求に注意!!(東京都消費生活総合センター)(2004年12月7日)
大田区立消費者生活センター
架空請求(大田区立消費者生活センター)
目黒区消費生活センター
あいかわらず多い架空・不当請求(目黒区消費生活センター)(2008年7月3日)
横浜市消費生活総合センター
架空請求・不当請求にご注意(横浜市消費生活総合センター)

甲信越・北陸

新潟市消費生活センター
架空請求メールに注意してください(新潟市消費生活センター)
福井県消費生活センター
架空請求にご注意!!(福井県消費生活センター)(2009年9月9日)
山梨県県民生活センター
身に覚えのない架空請求は無視!(山梨県県民生活センター)(2010年3月24日)
長野県長野消費生活センター
架空請求・不当請求(長野県長野消費生活センター)

東海

岐阜県県民生活相談センター
不当・架空請求の事例[PDF形式](岐阜県県民生活相談センター)
静岡県県民生活課
架空請求には応じない!(静岡県県民生活課)
名古屋市消費生活センター
なごや見守り情報第82号「架空請求アダルトサイトなどからの架空請求は、無視しましょう!」(名古屋市消費生活センター)
架空請求・不当請求にご用心!(名古屋市消費生活センター)
三重県消費生活センター
よくある相談事例(三重県消費生活センター)

近畿

京都府消費生活安全センター
なくならない架空請求(京都府消費生活安全センター)
大阪府消費生活センター
架空請求にご注意を!(大阪府消費生活センター)
大阪市消費者センター
架空請求・不当請求にご注意!!(大阪市消費者センター)(2009年3月10日)
神戸市市民参画推進局消費生活課
悪質な「架空請求」にご注意!!(神戸市市民参画推進局消費生活課)(2007年3月)
尼崎市立消費生活センター
架空請求はがきにご用心(尼崎市立消費生活センター)(2004年11月)
奈良県消費生活センター
架空請求・不当請求にご注意下さい!(奈良県消費生活センター)

中国

鳥取県生活環境部くらしの安心局消費生活センター
架空請求ハガキ(鳥取県生活環境部くらしの安心局消費生活センター)
島根県消費者センター
架空請求を行っている事業者名を公表します(島根県消費者センター)
岡山県消費生活センター
ハガキ等による不当・架空請求にご注意を!!(岡山県消費生活センター)(2013年4月1日)
岡山市市民局生活安全課消費生活センター
架空請求が横行しています!(岡山市市民局生活安全課消費生活センター)
広島県環境県民局総務管理部消費生活課(広島県生活センター)
架空請求にご用心(広島県生活センター)(2013年2月19日)
広島市消費生活センター
架空請求について(身に覚えのない請求を受けたら●●●)(広島市消費生活センター)

四国

香川県消費生活センター
架空請求詐欺(香川県消費生活センター)
高松市消費生活センター
不審な配達記録郵便にご注意ください!(高松市消費生活センター)
「国民健康保険庁」と記載された督促状にご注意ください!(高松市消費生活センター)
「身に覚えがなければ至急連絡を…」新手の架空請求にご注意ください!(高松市消費生活センター)
愛媛県消費生活センター
架空・不当請求にご注意下さい!(愛媛県消費生活センター)(2010年2月22日)
高知県立消費生活センター
相手にしないで!架空請求(高知県立消費生活センター)(2009年3月13日)

九州・沖縄

福岡県消費生活センター
架空請求・不当請求の手口と対処法について(福岡県消費生活センター)
福岡市消費生活センター
架空請求はがきに注意ください!(福岡市消費生活センター)
北九州市立消費生活センター
架空請求の対処方法(北九州市立消費生活センター)
鹿児島県消費生活センター
身に覚えのない請求…振り込め詐欺(架空請求)(鹿児島県消費生活センター)
沖縄県県民生活センター
架空請求対策マニュアル(沖縄県県民生活センター)

国民生活センターの記事

発表情報
「料金未支払があり、ほうっておくと裁判になる」などと脅す架空請求に注意!(2013年11月26日)
再び増加!架空請求のトラブル−請求手段はハガキから電子メールへ−(2013年3月28日)
「国民生活相談センター」からの架空請求に応じないで!(2010年12月28日)
国民生活センター委員をかたる架空請求について(2008年3月28日)
携帯電話番号で送信される「退会未処理を理由にした不当な請求メール」にご注意!(2008年3月21日)
実在する弁護士名をかたって『民事提訴通知書』を送りつける架空請求の手口(2007年8月10日)
『民事訴訟通告書』で架空請求! 連絡すると高額な料金を要求!!(2007年6月20日)
個人情報の流出などを口実に不当な対策費を要求する業者に注意!(2007年5月28日)
詳細な個人情報を掲載した携帯メールにご注意!(2007年4月17日)
今度は「消費生活センターを名乗る架空請求ハガキ」が!?(2006年12月14日)
「独立行政法人 国民生活管理センター」を名乗る架空請求ハガキにご注意!!(2006年12月5日)
架空請求は依然高水準、手口はより巧妙に 引き続き注意を!(2006年6月7日)
架空請求にまた!新たな手口 「公証人役場において認証を受けた公的な債権証書です」と記載し、確定日付を付した請求書(2005年3月7日)
あわてないで!! クリックしただけで、いきなり料金請求する手口(2004年12月13日)
架空請求に関する現状及び関係機関への要望等について−電話を架けさせて架空請求する業者への対策の強化−(2004年8月4日)
ご注意 携帯電話のショートメッセージサービスを悪用する料金請求(2004年7月23日)
架空請求の手口に多様化の兆し−自動車、プラズマテレビなど高額商品の当選商法に注意−(2004年7月16日)
弁護士をかたった「利用した覚えのない請求」にご注意(2004年1月19日)
電報を使った債権の請求に注意! −悪質な架空請求が急増−(2003年6月6日)
「架空請求」に関する消費者トラブルの防止に係る全国銀行協会への要望について(2003年6月6日)
見守り情報
利用した覚えのない請求は支払わずに無視しましょう!(2015年4月8日)
「架空請求」は、とにかく無視!(2012年2月17日)
「未払い金がある」と言って、工事請負代金の架空請求多発(2007年3月2日)
『裁判通知書』が届き、財産を預ければ裁判を回避できると言われ、全預貯金を送金したら、架空請求だった!(2007年1月15日)
相談事例と解決結果
まったく利用した覚えのないツーショットダイヤルの情報料の請求(2006年6月21日)
クリックしただけで登録になり料金を請求されるPCでの不当請求(2005年5月20日)
実在する弁護士名で請求された出会い系サイトの利用料金(2004年9月17日)
利用した覚えのない「ダイヤルQ2」と称する情報料の請求(2002年5月13日)
メールでよくある情報提供と回答
裁判所からの手紙?(2014年2月4日)
「情報コンテンツ料金が滞納されている」という身に覚えのないメールが届いた!(2013年4月12日)
モバイル情報コンテンツ会員の退会手続きがされていないというが…(2013年2月12日)
フリーメールの運営会社の名前で「迷惑メールを多数受信しているのに報告がない」としてサーバ管理費を請求された(2009年7月21日)
突然、携帯電話に身に覚えのないサイトから料金請求メールがきた!どうしたらいいか?(2009年2月27日)
各種相談の件数や傾向
架空請求

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 案内ページ


注目テーマトップページへ

ページトップへ